サイト内検索:

私のiPadの利用率を3倍に変えた東芝の「RZタグラー」アプリ

「RZタグラー」は、東芝の「レグザ Apps コネクト」に対応するiPhoneアプリ第1弾だ。iPhoneをRDシリーズの無線リモコンとして使えるほか、タグリストというユニークな仕組みを備えた。

録画の楽しみが増える、東芝「RZタグラー」

タグはどうでもいいんですけどね。

東芝が11月1日に公開した「RZタグラー」は、同社が展開する家電向けクラウドサービス「レグザ Apps コネクト」対応アプリの第1弾(→東芝の"クラウドテレビ"構想、「レグザ Apps コネクト」とは?)。無線リモコンとして動作するほか、ネットワーク連携を利用して録画番組の新しい楽しみ方を提案している。

そんなわけで、ダウンロードしてはいたのですが、なんか説明文読むと難しそうな感じだったのでしばらく放置していたのですが、やってみたらとっても簡単にセットアップでき、それ以降はうちの家族にとってはなくてはならないアプリになった「RZタグラー」というiPhoneアプリです。iPadで使う時は2倍モードで使っています。

「RZタグラー」はなにかというと、東芝のテレビやレコーダーをiPhone/iPadから操作するアプリです。操作される側の機器はネットワークに繋がっていないといけないので、ネットワーク経由で機器を制御するアプリ、と考えればよいでしょう。

機器を制御、といってもそんな難しいことはなく、いわゆる実際の「リモコン」のUIが画面に再現されているので普段使っているリモコンと同じ使い方ができます。

以下の絵は画面3つ分です。画面は全部で5つあってそれをフリックで切り替えます。

で、なんでこのアプリが我が家にとってキラーとなったかというと、例によってよくリモコンを見失っちゃうんです。

うちの東芝機器はVARDIAという1TBのHDDレコーダーなんですが、このレコーダーはリモコンがないとほとんど操作ができません。録画している番組を見ることすらできないわけです。

で、iPadであればまず部屋の中で見失うことはありません。結局最近は見失ったリモコンを探すことなくiPadと「RZタグラー」です。

また、たまたまリモコンが見つかった時もあるんですが、リモコンでレコーダーを操作しようとするとリモコンをレコーダーの方に向けなきゃいけないんですが、ときどき動かしがたい遮蔽物体がリモコンとレコーダーの間に介在する場合があります。

こういう場合は腕を高くあげて下に角度を向けてレコーダーめがけてコマンドを送ってあげなければならなくなるんですが、これがうまくいったりいかなかったり・・・。・

でも「RZタグラー」であればネットワークで接続していますから、どっちに向けていようとまったく関係ありません。うーんと遠くからでもレコーダーをコントロールすることができちゃうんですよ。

で、ネットワーク経由の制御って遅延が発生してうんぬん、と懸念される方がいらっしゃるかもしれませんが、これがまた全く問題ないんだな。

あと、ジェスチャー画面というのがあり、iPhone/iPadのパネルをフリックすることでビデオの先送りや巻き戻しができるんですが、これがまた直感的で使いやすし操作してて気持ちよいです。

そんなわけで東芝のレコーダーは楽しいな、ってことで次テレビ買う時は東芝にしようっと、と思うのでした。

あ、設定は実はとても簡単で、レコーダー側の設定でログインIDとパスワードを設定したらそれと同じものをアプリ側で指定するだけです。レコーダーのIPアドレスとかなんかは自動で取得してくれるのでそのあたりを気にする必要はまったくありません。

あとタグ機能についてはリンク先記事を読んで頂くとして、私は「録って見たらすぐ消す」ので、タグを元におもしろいシーンだけを後から見るなんてことはしないので、この先も使うことはないでしょう。

東芝の機器持っている人でiPhone/iPad持っている人は是非試してみてくださいね。リモコンを機器側に向けなくていい、ってほんと気持ちいいですよ。

RZタグラー

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年11月30日 19:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Chromium 7にエンジンを変えたソーシャルブラウザ「Flock」の新しいバージョンがリリースされたようです。」です。

次のブログ記事は「「ペプシネックス」新TVCM「宇多田ヒカルクリスマス」篇で初めて書き下ろしたクリスマスソングを熱唱」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。