サイト内検索:

無線式なのに充電も電池交換も不要、ロジクールがソーラーパネル付きキーボードを発売

ロジクールは2010年12月15日から、ソーラーパネルを電源として動作するため、充電も電池交換も不要なワイヤレスキーボード「ロジクール ワイヤレス ソーラーキーボード K750」(以下、K750)の販売を始める。価格はオープンだが、同社オンラインストアでの価格は7980円となっている。

無線式なのに充電も電池交換も不要、ロジクールがソーラーパネル付きキーボードを発売

ロジクール、相変わらずいいな!
ほんと、ロジクールが地球上に存在しててよかったと思いますよ。ロジクールいなかったらマイクロソフトと粗悪台湾製キーボードばかりですからね(東プレとかHKK Proなんかは別格ですよ)。

K750は、無線LANやBluetoothなどと同じ2.4GHz帯の電波を使用するワイヤレスキーボード。本体上部にソーラーパネルが配置されており、自動的に充電が行われる。
同社によれば、平均的なワイヤレスキーボードより消費電力効率が5倍ほど高いため、太陽光ではなく室内照明でも問題なく使用可能だという。フル充電時には、完全な暗闇でも最大3カ月間使用できるとしている。

完全な暗闇でも最大3カ月間使用可能、だったら別にソーラーパネルなくてもエネループ使うからOKだよ、って感じでしょうか。

で、これが楽しそう。

専用の「ソーラーパワーアプリ」を同社サイトからダウンロードしてWindowsパソコンにインストールすることで、キーボードのソーラーパネルと連動する照度計(ルクスメーター)を利用できる。照度計で、現在の明るさ(ルクス)およびキーボードを使い続けるために必要な明るさ、電池残量などを確認できる。

ソーラー充電でじわじわと充電されていく様や消費されていくのがモニタリングできるってなんか楽しそう。

あとはキータッチだけかな。

で、しばらくしてマイクロソフトも追従してくるんだろうな。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年11月26日 19:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「BIGLOBE、Androidタブレット「Smartia」発売 "ネットサービス一体"で初心者も簡単に」です。

次のブログ記事は「ちょいワル編集長岸田氏「KI&Company」が特別清算」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。