サイト内検索:

12月18日のラッキ−さん

BlogPeopleランダムピックアップ、今日のラッキ−さんは「ニュージーランド ラグビーブログ」さんです。

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

ということでニュ−ジ−ランドのお住まいでラグビ−120%なブログさんです。

一番最初の記事は2005年5月でこんな感じです。

ニュージーランドラグビーブログ、本日より開始します。 ラグビーを愛する気持ちは世界共通です。 ラグビーを通じて、ニュージーランドと日本をつなぐブログをめざします。 ニュージーランドのプロのラグビーコーチや選手と、日本人ラガーマンの交流の場になればよいと思っています。

で、ニュージーランドのプロコーチとか現役選手がブログに登場します。いったいなんなんでしょうか!

例えば日本、いや東京に住んでて野球が好きだったとして野球のブログを書いたとしてもプロ野球のコ−チとか選手に日常的にインタビュ−したりブログに記事書いたりできないですよね。

で、なんでそんなことができるのかプロフィ−ルなりを探してみたのですが正体がわからず。う−む。

まあ、それはさておき、そういうレベルの話なので単にラグビ−好きな人というレベルを超えてある種ラグビ−マガジンの様相を呈していますのでラグビ−好きな方は是非アクセスしてみてください。

ラグビ−ってあまりテレビで放送とかしないので一見マイナ−な感じがするんですが、大学ラグビ−は結構盛り上がってたりして、その関係でなぜか女子でもル−ルを知っている人が多いという現実もあるんで結構面白いんじゃないでしょうか。

そういえば先日、クリント・イ−ストウッドが監督した「インビクタス」をDVDで見ました。

それは、1995年のこと。 マンデラはラグビーのワールドカップで、国の恥とまで言われた南ア代表チームを初出場初優勝へと導いた。 そして、その勝利の瞬間、一国の歴史が永遠に変わってしまったのだ。 いったい彼はどうやって、この偉業を成し遂げたのか――?


インビクタス / 負けざる者たち [DVD] インビクタス / 負けざる者たち [DVD](1052円だって)

で、この映画の中でネルソン・マンデラが獄中時代に心の糧とした詩が登場します。その一節にこんな記述がありました。

−−−
門がいかに狭かろうと
いかなる罰に苦しめられようと
私が我が運命の支配者
私が我が魂の指揮官なのだ
−−−

I am the master of my fate:
I am the captain of my soul.


運命は決まったもので逆らえないと思っている人とか、なにかのきっかけで誰かに自分の魂を売ってしまうこともある場合があるかもしれませんが、こういう意思を持っているとそんな時も大丈夫なのかもしれません。

いい映画なのでまだ観たことない人は是非観てみてください。

で、最後に、今日のラッキ−さんですが日本からニュ−ジ−ランドへのラグビ−留学などについても紹介されているので興味ある人は一度読んでみてください。

そんな感じのラッキ−さんでした!

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年12月18日 12:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「iPad Apps Perfect GuideBook」というiPadのアプリを紹介する本」です。

次のブログ記事は「今日のワイン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。