サイト内検索:

Microsoft、次期ブラウザー「IE9」に行動ターゲティング拒否機能を搭載

米Microsoftは現地時間2010年12月7日、次期ブラウザー「Internet Explorer(IE)9」に新たなプライバシー保護機能「Tracking Protection」を搭載すると発表した。Webサイト間で共有される個人情報に制限をかけ、オンライン行動を追跡されないようにできる。

Microsoft、次期ブラウザー「IE9」に行動ターゲティング拒否機能を搭載

ナイスだ、IE9!

この機能は、Webサイト閲覧中に外部サイトへ送られるデータの種類や、送信を禁止する外部サイトを指定し、個人情報が複数のWebサイトに共有されることを防ぐ。Webサイト閲覧履歴などユーザーのオンライン行動を非公開にし、行動ターゲティング広告の配信を拒否するといった対応が可能になる。
データ送信を禁止するWebサイトは「Tracking Protection List」と呼ぶリストに記載し、IE9へ登録する。このリストは、ユーザー自身で作ったり、公開されているリストをそのまま利用したりできる。 Microsoftは「リスト作成に興味のあるプライバシー擁護団体や広告関連団体などを支援したい」としている。

これをきっかけにして、とりあえずFirefoxとChrome、Safari用のプラグインがまず出て、その後ブラウザの標準機能になるといいなあ。

行動ターゲティング広告、ってそもそもオプトインしていれば問題ないんだけど、オプトイン/アウト以前の話としてそういうことを広告配信業者がやっている、ってことをユーザがまったく知らない、ってのが問題ですよね。

先日奥さんが、「私が見に行くブログの先々で楽天で見てた商品がお勧めされているのはなぜなんだろう」と質問してきたのが思い出されます。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年12月 8日 17:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「レッドスター、Googleの「Nexus S」を予約販売、なんだそうだけど大丈夫か?」です。

次のブログ記事は「『ワンピースレストラン~ゴーイング・メリー号~』「銀座めざマルシェ」にて期間限定オープン!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。