サイト内検索:

ヤフーとグーグルの提携 公取委「問題ない」判断公表へ

ネット検索で世界最大手の米グーグルが、国内最大手の日本のヤフーに検索技術を提供する提携について、公正取引委員会は、現時点では独占禁止法上の問題とはならないとする判断を固め、2日午後にも公表する。ライバル企業の米マイクロソフト(MS)などが競争が阻害されるとして提携に反対し、調査を求めていた。この判断によって提携は大きく前進し、グーグルの検索技術が国内シェアの約9割を占めることになる。

ヤフーとグーグルの提携 公取委「問題ない」判断公表へ

うちの奥さんはヤフーの検索が大好きでなぜかGoogleだと探しているものが見つからない、という不思議な人です。

そんな奥さんに「ヤフーの検索ってgoogleになったんだよ」って教えてあげたら「そうか、やっぱりそうだったんだ。なんか私好みの結果が出てこなくなったなあ、って思ってたんだ」と言っておりました。ヤフー検索を愛していた人がいたことも覚えておいてくださいね>ヤフーの中の人

で、問題となっていたのは次の2点。

(1)検索エンジンにおけるグーグルの圧倒的地位が強化され、後発企業は事業の参入、継続が難しくなる
(2)ヤフーは利用者が打ち込んだキーワードに連動してネット広告を表示するシステムの提供もグーグルから受ける。両社が協調して広告料金を引き上げるのが容易になる

(1)に関しては、

日本のヤフーが親会社の米ヤフーからエンジンの提供を受けられなくなり、新たな提供先を探していたことを重視。検索エンジンの性能の評価が高く、他社よりも早期にシステムを提供できるグーグルを選択した経営判断は合理性がある、とみなしたとされる。世界市場で優位に立つグーグルが、自社のエンジンを使うようヤフー側に不当に圧力をかけていれば独禁法上の問題となるが、そうした事実もみられなかったという。

ですね。YST事業を買収してGoogleの使用を強要したら問題だけど、もともとヤフーは検索エンジンは外からの借り物ですから、それをより合理的なものに変えただけですからね。つうか、ここに入れなかったマイクロソフト及びその他が痛い(その他ってNTTか?)。

(2)に関しては

公取委は両社から、広告主や広告料金などの情報を遮断する「ファイヤーウォール」をシステム上構築するとともに、これらの情報へのアクセスも部署ごとに制限する、などの説明を受けたとされる。公取委は広告料金の共同決定は難しく、直ちにカルテルにはつながらない、と判断したとみられる。

でもこれはPVの向上にともなって自然と価格はあがっていくんでしょうねえ。なので、手頃な価格で提供できる次の検索エンジンの登場が待たれます。

で、政治家の人は、

自民党の議員連盟「インターネット検索問題調査研究会」会長の川崎二郎元厚生労働相は2日午前、公取委の竹島一彦委員長に両社の提携への懸念を伝えた。川崎氏は会見で「提携によるシェア集中の弊害をどう取り除くのか」と話した。

と言っているそうですが、そういうのは経産省あたりに言って欲しいなあ。

Googleが登場したときは一夜にして「Googleすげー!」ってことでみんなGoogleに変えたわけで、要はいい結果を返す検索エンジンが登場すればみんな一瞬でそっちに乗り換えるから今のシェアの問題もどうでもいいかな、って感じです。

でも、シェア集中という問題もあるけど、Googleで検索できなかったものを検索できるエンジンがなくなってしまう、というのはちょっと困りますね。Bingがその役割を果たしてくれればいいんだけど、日本語ドキュメントに関してはやっぱり今イチだし。

そんなわけで日本のマイクロソフトはそんな事情を本社に伝えて予算&人員を日本向けに確保してもらってくださいね。がんばってください。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年12月 2日 19:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オンライン・パスワード管理のLastPassがXmarksを買収して事業を継続するみたい」です。

次のブログ記事は「Flashのサンドボックス化機能が搭載されたDEV版Chromeがリリースされるそうです。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。