サイト内検索:

アマゾン、企業のメール管理を簡便化する新サービス「Amazon SES」を発表

新たな「Amazon Simple Email Service(Amazon SES)」は、同社の既存のAWSツールと統合され、導入した企業が業務内で電子メールを管理しやすくなるよう設計されている。

アマゾン、企業のメール管理を簡便化する新サービス「Amazon SES」を発表

にしてもアマゾンのAWSは次から次へと新しいメニューを打ち出してきてもう何がなんだかわかんないなw

AWSは米国時間1月25日、Amazon SESが「マーケティングおよびトランザクションに関するメッセージ」に的を絞っていると述べた。このプラットフォームは、社外への送信メッセージを精査してインターネットサービスプロバイダー(ISP)の基準を満たしていることを確認し、受信者のスパム用フォルダに振り分けられないにする。AWSはまた、通知システムも売りにしており、同システムが顧客へ「不達で戻るバウンスメール、送信試行の失敗と成功、スパム申し立て」を警告するという。

普通のメール配信システムよりインテリジェントでありながらクラウドならではの格安料金って感じでしょうか。

Amazon SESのユーザーは、データの最初の1Gバイトを無料で受信できる。さらに、Amazon.comのクラウドサービス「Amazon EC2」やアプリケーション管理サービス「AWS Elastic Beanstalk」を利用しているユーザーは、1日に2000件の電子メールを無料で送信できる。その後は、電子メール1000件につき10セントが課金される。また、この電子メールプラットフォームを通じて受信するデータ1Gバイトにつき10セントが課金される。電子メールで送信するデータの料金は、 1カ月に利用するデータ量に応じて、1Gバイトにつき8セントから15セントまでとなっている。

まあ、メール送れるのはいいんですが、不達メールは警告してくれるだけじゃなくDBにフラグ立てて以後送信しないようにしたい、なんて時は不達メールを受信したらそういうことするプログラム作ってあげなきゃいけないんだろうな。

あとメール中に埋め込んだリンクに自動でID割り付けてクリック解析して、みたいなのも自前で用意してあげないといけないだろうし。

って考えると既存のメール配信業者のサービスの方がいいような気がするんだけど、アマゾンのことだからそのあたりはちゃんとやれるようにしているのかもしれない、というかアマゾンが送ってくるメールで使ってる配信システムがそのまま使える、みたいな感じだったらそりゃすごいですよね。

試す機会があればいいなあ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年1月26日 13:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1月26日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「ブラウザのタブ内アイコンにGmailの未読メッセージ数が表示できるようになったらしい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。