サイト内検索:

「Google Chrome」で閲覧中のWebページを"Kindle"へ転送「Send to Kindle」

「Send to Kindle」は、"Amazon.com"の電子書籍リーダー"Kindle"へ、閲覧中のWebページの内容を簡単に転送できる「Google Chrome」用の拡張機能。

「Google Chrome」で閲覧中のWebページを"Kindle"へ転送「Send to Kindle」

これ、いいな。

Kindleは持っていないのですが、このエクステンションのせいで買ってしまいそうな勢いですよ。

本拡張機能は、メールで"Kindle"本体へコンテンツを送信する"Amazon.com"のパーソナルドキュメント転送サービスを利用しているので、利用するにはその設定を行う必要がある。

記事を見るとInstapaper的にWebページの本文部分だけを摘出できるみたいですね。いいな、これ。

"Kindle"をWi-Fiに接続しておくだけで、メールがプッシュ配信されるようになる。本拡張機能は、コンテンツをメール送信する作業を自動で行ってくれる上、メインとなるコンテンツ部分のみを抽出する機能も備えているのがとても便利。
また、自動でメイン部分を抽出できない場合は、選択したテキスト部分のみを送信する機能を利用できる。そのほか、コンテンツ抽出の結果を確認せずにワンクリックで転送する機能や、ショートカットキーで送信する機能などを備えている。Webページを"あとで読む"ための端末として"Kindle"を活用するには欠かせない拡張機能だ。

まあ、冷静に考えればiPhone + Instapaperでもいいんだけどね。でも大きな画面で、というメリットは捨てがたいですなあ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年1月21日 16:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニー、「Qriocity」のビデオオンデマンドサービスを日本でも1月26日開始」です。

次のブログ記事は「タルタルソースのタルタルとは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。