サイト内検索:

PCをUSBマスストレージデバイスにするケーブルが発売

PCをUSBマスストレージデバイスとして認識させ、「PC内の動画ファイルをメディアプレイヤーなどでそのまま再生できる」というユニークなUSBリンクケーブル「A390」が発売された。実売価格は2,500円

PCをUSBマスストレージデバイスにするケーブル発売

なるほど、と思いつつも私の周りだと具体的な利用方法が浮かんでこないのが個人的にとても損しているような気がして残念です。

まず普通の用途はこんな感じ。

単なるUSBケーブルのようにも見えるこの製品だが、実は動画再生を主眼としたUSBリンクケーブル。ケーブルを接続したPCをUSBマスストレージクラスのドライブとして認識させ、ケーブルのもう一端に接続した別のPCやメディアプレイヤーなどからアクセスできるようにするという、変わったコンセプトをウリにしている。

で、ちょっと変わった使い方だとこんな感じ。

なお、フォルダやファイルを直接指定する代わりに、CD/DVDドライブやISOイメージファイルをアクセス先として指定することも可能。編集部でテストしたところ、ISOイメージをマウントしたこのケーブルを使って、サブPCをブートさせることも可能だった。

手持ちのノートPCが0~1スピンドルマシンの場合に近くのお友達がCD/DVDドライブ付きのPC持ってたらUSBケーブルだけでそのドライブを借りる、なんてことができるようになるわけですね。

持っていたら便利そうなんだけど、実際に使う場面が想像できないんだよなあ。実にもったいないぞ、俺。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年1月17日 15:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1月17日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「軌跡が残る「TRON」マウスが発売に」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。