サイト内検索:

就職氷河期なのに...新入社員半数以上が「退職検討中」のワケ

ここ数年、「就職氷河期」が続いているのはご存じの通りだが、その厳しい競争を勝ち抜いた新入社員の半数以上が、すでに退職を考えながら仕事しているという驚きの調査結果が出た。一体、どういうことなのか。

就職氷河期なのに...新入社員半数以上が「退職検討中」のワケ

うちのいとこの女の子が去年の4月に就職したんですが、夏ぐらいに「辞めようかなあ」なんて言い出しておじさん・おばさん大慌てだったんですが、その時は就職難な状況で就職がゴールだったわけだから就職してしまって目的を失ったのが原因じゃないか、みたいに思っていたんですが、ちょっと違ったようです。

リンク先の記事ではこの状況を「青い鳥症候群」と分析していました。

「厳しい就職戦線で、第一志望の会社に入れる学生はごくわずか。それ以外の大半の新入社員たちは常に『自分にふさわしい職場はここじゃない。もっと自分に合った場所がある』との思いにさいなまれています。常に青い鳥を探している状態なのでしょう。だから、職場で辛いことがあると踏ん張りがきかない。同僚との競争のプレッシャーにも耐えられない傾向があります」

まあ、「とりあえず3年がんばってみると見えるものが違ってくるよ」ぐらいしか言えないんだけど、その前に精神的にやられちゃったらそれはそれでまずいしなあ。

採用している企業側の人に最近の新卒の傾向なんかを聞いてみたことがあるんですが、「入社前と入社後は別人」という話が結構多くて興味深かったです。なんでも入社前はとにかくポジティブでアグレッシブに自分というものをアピールしていたのに、入社したらまったくその逆な人になってしまった、といった話です。こういう人達って入社面接に特化してその瞬間だけ人間が入れ替わっていたんでしょうね。訓練とは恐ろしいものです。

まあ、辞めるにしてもとりあえず会社が費やした教育に関するコストを払い終えてからにして欲しいものです。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年1月 5日 18:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「CSS3とかJavaScriptでiPadをシミュレートしてみたら。」です。

次のブログ記事は「1月6日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。