サイト内検索:

Amazon S3で静的なWebサイトの運用が可能に

今回の発表で、静的なWebサイト(Static Websites)をS3で運用するのを、より簡単にするための機能がAmazon S3に追加されました。

【AWS発表】 Amazon S3で静的なWebサイトの運用が可能に - Amazon Web Services ブログ

なんかよくわかんないので書きながら理解に努めていきます。

これまで、S3のユーザは、Webサイトの画像やビデオをS3に保存してきました。しかし、全てのWebサイトをS3上に運用するのはそれほど簡単ではありませんでした。その理由は、もしユーザがサイトのアドレス(www.example.com)を入力すると、そのサイトのDNSレコードのCNAMEはS3バケットの (www.example.com.s3.amazonaws.com)ルートを示し、結果としてS3はバケットのコンテンツをXMLフォームでリストして返す仕様になっていたからです。これを避けるには、ユーザはAmazon EC2のインスタンス上でホームページを運用する必要がありました。

うん、ここまではわかる。

今回の発表により、Webサイトを完全にS3上でホストできるようになりました。
S3のバケットをWebサイトとして設定できます。Webサイトとして設定されたバケットのルートに対してアクセスがなされると、Amazon S3は設定されたルートドキュメント(index.html)を返します。また、ルートドキュメントに加えて、エラードキュメントを設定することもでき、 HTTPのステータスコードが4xxを検知したときに返されるエラードキュメントを設定することが可能です。

うん、まだ理解できてるぞ。

このWebサイトをホストする機能にアクセスするために、各リージョンにエンドポイントが存在します(USスタンダード、USウェスト、EU、アジアパシフィック)。例えば、s3-website-ap-southeast-1.amazonaws.comが、アジアパシフィック・リージョンのエンドポイントになります。既存のバケットとエンドポイントはこれまでと同様に動作します。

まあ、わからなくはないけど、実際問題、私の/あなたのWebサイトが

s3-website-ap-southeast-1.amazonaws.com

なんて覚えにくいところで展開しても大丈夫なのか?そりゃ、無理なんじゃない?

でも、仮に自分のWebサイトのURLがhttp://mywebsitedomain.s3-website-us-east-1.amazonaws.com/なんてものになったとしても、最近は検索から入ってくるし、あとはブックマークしてもらえばいいわけだから、問題ないって言えば問題ないのかあ。

あ、でも、既に独自ドメインとサーバ持っている人がトラフィックの分散用途でトップ以下ページで使う、っていう用途で考えると以前より格段にS3が扱い易くなっているよ、ってことなのか。なるほど、なるほど。

それにしてもAWSはほんとに次から次へとサービスを充実させていっているわけで、ほんとすごいもんです。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年2月18日 16:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2月18日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「「フェイスブック 若き天才の野望」が面白かった」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。