サイト内検索:

吉田戦車さんも参加 出版社なし・作家発の電子書籍「AiRtwo」発売

作家が集まり、個人で作ったiPhone/iPad用電子書籍「AiR」の第2弾「AiRtwo」(エアツー)が、2月4日に発売された。電子書籍オリジナルの雑誌で、吉田戦車さんのイラスト&エッセイや、東京大学史料編纂所の本郷和人准教授が「AKB48」について語り尽くす対談などを収録した。先行版価格は350円。

吉田戦車さんも参加 出版社なし・作家発の電子書籍「AiRtwo」発売

「出版社に依存しない出版活動ができるか」をテーマに、昨年6月に刊行した電子書籍「AiR」第2弾。AiRtwoでは、「電子書籍オリジナルの企画を成立させられるかどうかに挑戦したい」という。

いいぞ、がんばれ!ってことで買ってみました。350円です。

起動すると「MCBOOK モリサワ」というロゴが表示されました。MCBOOKというのは、

MCBook は、Adobe InDesign や MC-B2 で作成された組版データから、iPhone/iPadおよびAndroidスマートフォン用の電子書籍アプリケーションを作成するツールです。 電子書籍コンテンツ変換ソフト「MCBook Maker」と、iPhone/iPad用電子書籍アプリ生成ソフト「MCBook iPhone Builder」、Android用電子書籍アプリ生成ソフト「MCBook Android Builder」、校正支援ソフト「MCBook Shot」の4つのツールで構成されています。 作成した電子書籍アプリには電子書籍コンテンツと、それを閲覧するための「MCBookビューア」およびモリサワフォントが含まれます。

というものだそうです。

で、起動して読み始めてみたのですが、冒頭にこんな事が書かれていました。

従来、出版社はなにゆえに出版社だったかというと、書店の棚というショーウィンドウを確保できるから出版社であり、大手出版社は、たくさんそのショーウィンドウを確保できるからこそ大手と呼ばれてきました。

と、いきなりごもっともなお話から始まり、電子書籍の可能性などが語られていました。

こういうのが成功するといいですね。でも先行発売版は350円だけど正式版は600円ということなんですが、その値段だと紙の雑誌と変わらなくなっちゃうから印刷やら流通やら何やってるのかよくわかんない人の人件費等のコストかからないはずなんで先行発売版と同じ350円ぐらいで販売してもらえると嬉しいです。

んなわけで、今日から暇な時間にちょこちょこ読み進めてみようと思います。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年2月 4日 15:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オライリーの「JavaScriptパターン ―優れたアプリケーションのための作法」」です。

次のブログ記事は「ラブプラスVISAカード登場 「お買い物も"カノジョ"と一緒」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。