サイト内検索:

これは"モバギ"の再来か:ATOKも"Ctrl+c"も使えるキーボード付きAndroidポケットノート─「LifeTouch NOTE」の実力検証

単に「キーボードを付ける」だけではダメっ。NECのキーボード搭載Androidデバイス「LifeTouch NOTE」は、かつての"モバイルギア"のようにモバイル環境でガッツリ使える特徴を備えるのか、外観や機能とともに日本語入力環境の仕上がりをチェックする。

これは"モバギ"の再来か:ATOKも"Ctrl+c"も使えるキーボード付きAndroidポケットノート──「LifeTouch NOTE」

ああ、なるほど。これはモバイルギアなのか。って考えると非常に魅力的に見えてきますね。

ノートPCと同じように使えるクラムシェル(折りたたみ)スタイルをまとい、タッチパネルも備える7型ワイドの液晶ディスプレイ、CPUはデュアルコアで最大1GHz動作の「NVIDIA Tegra 2」を搭載、OSにはAndroid 2.2を採用する。通信機能には無線LANやBluetoothのほか、3Gモジュール内蔵モデル(NA75F/1A)も準備する。

価格も機種によって4万~5万円程度なので購入しやすいですよね。

気になる重量は重量は約699グラムということで、iPadの680グラムとほぼ同じぐらいの重さとなっているようです。うーん、期待してたよりちょっと重いなあ。ちなみにVAIO type Pは580グラムです。100グラムしか違わないけど実際に持ってみると結構その違いって感じられるんですよねえ。

まあでも「モバイルギア」と聞くとそんなのどうでもいいや、って気分になるのもわかるんで、「モバイルギア」って言葉にぴぴっと来た人はリンク先記事を読んで購入を検討されてみてはいかがでしょうか?

個人的には今のタイミングだと「買うまでもないけどもらったら尻尾振って喜んで使う」って感じでしょうか。iPad2のためのお金貯めておかなくっちゃ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年2月15日 15:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2月15日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「QUALCOMM、クアッドコアSnapdragonプロセッサを発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。