サイト内検索:

米HP、webOS 2.0を搭載した9.7型スレート端末「TouchPad」をデモ

Hewlett-Packard(HP)は23日(中国時間)、中国・上海で行なわれている報道関係者向けのイベント「A NEW HP WORLD」で、携帯端末向けのOS「webOS 2.0」を搭載したスマートフォンおよびスレート端末のデモを行なった。

米HP、webOS 2.0を搭載した9.7型スレート端末「TouchPad」をデモ

ああ、やっぱり日本はスルーされて中国に行っちゃうのか、って感じでHPの「webOS 2.0」搭載端末のデモが上海で行なわれたようです。

HPは2月10日(米国時間)に、そのwebOSを搭載した端末として、9.7型液晶ディスプレイを搭載したスレート端末「TouchPad」、3.58 型液晶を搭載したスマートフォン「Pre3」、2.6型液晶を搭載したスマートフォン「Veer」の3機種を発売。今回のイベントでは、TouchPad とVeerをデモした。

「webOS 2.0」端末にはあまり詳しくないのですが、iPhoneとiPadと比較した場合、スマートフォンとタブレットにある程度協調動作させていろいろできるようなところに興味を持っています。例えばこんなの。

Pre3をTouchPadに載せると、TouchPadで閲覧していたホームページをPre3に転送する「Touchstone」技術のデモを行なった。

私はWebOSのカードメタファというのにとりあえず共感しています。なんつうのかな、UNIXがデバイスもファイルとして扱ってみたみたいな。

TouchPadでは、iPadと同様に真ん中にホームボタンがあるが、これを押すとアプリケーションがカード状になり、タスクの切り替えや終了をスワイプ操作で行なうことができる。

そんなわけで日本HP様におかれましては、無理して3G回線まで手を回さずWi-Fiモデルだけでもよいので是非これらの新機種を日本でも販売して欲しいものです。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年2月24日 14:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2月24日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「8.9インチのワイド画面にAndroid 3.0を採用――「Optimus Pad L-06C」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。