サイト内検索:

Microsoft、KinectのWindowsアプリを開発できるSDKをこの春リリースへ

米Microsoftは2月21日(現地時間)、Xbox 360用コントローラー「Kinect」のSDK「Windows Software Development Kit」をこの春リリースすると発表した。開発者は無料でダウンロードでき、Kinectのセンサー機能を利用した非営利目的のWindows向けアプリケーションを構築できるようになる。

Microsoft、KinectのWindowsアプリを開発できるSDKをこの春リリースへ

なんで「非営利目的」に限定するのかなあ。うーん、なんでなんだろう。別に営利目的でもいいじゃないか、と思うんだけど。もったいない。Kinect使ったフリーウェア的なものを普及させたいからなのかな。

既にKincectを使った建築内装の立体モデル構築ツールや、リモート外科手術システムへの応用などが試みられている。Microsoftはこうした開発者らの動きを尊重し、公式のWindows SDK公開に踏み切った。MicrosoftはSDK公開により、同社が推進するナチュラルユーザーインタフェース(NUI)がゲームやエンターテインメントだけでなく、医療や教育分野の可能性を広げることができるとしている。

なるほど。医療や教育分野でフリーウェアで入っていって、最終的にWindowsがその業界を支配しちゃえばMS的にはOKなのか。

でも、営利目的OKにしないとサポートなしソフトじゃ実採用はされないと思うんだけどなあ。あ、ソフトはタダでサポートは有料、というモデルが使えるのか!なるほど、なるほど。

なんかKinect使ったアプリって発想できるかな。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年2月22日 15:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「国内投入が待ち望まれるビジネス版Pogoplug」です。

次のブログ記事は「MacOS Xで1つのアプリを同時に2つ起動させる方法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。