サイト内検索:

免疫不全の少年がロボットを介して授業に参加する

英語がむずかしくてうまく理解できないんだけど、免疫不全症にかかって外に出れない子供がロボットを介して授業を受けたり学校生活を楽しんでいる、っていう記事なんだと思います。ざっと紹介して、あとは任せた!

Texas Student Attends School as a Robot - A Sign of Things to Come (video) | Singularity Hub

ワイヤレスで走行するカメラとディスプレイ、マイク、スピーカーを搭載したこのロボットを介して家から授業を受け、発言したりできるんでしょう。以下のビデオで少年の喜ぶ顔をご覧ください。

んで、このロボットの他の用途として企業での例がビデオで紹介されています。

なんか監視見回り用、って感じですが、うまく使えれば例えば米国出張しなくても済むようになるかもしれません。言ってしまえばテレコンファレンスシステムなんだけど、動き回れるとそこから受ける印象は全く違いますね。慣れてくればまるでその人そのもの、って感じるんじゃないかな。

なんにしても元記事の英語がよくわかんないので興味ある方は元記事読んでみてください。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年2月 3日 19:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ツイートを次々表示するスクリーンセーバーを作成"スクリーンセーバー「なう」"」です。

次のブログ記事は「2月4日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。