サイト内検索:

エコポイントでのCO2削減「粗い試算だった」

政府が進める家電エコポイント制度で、二酸化炭素(CO2)の削減効果を予測した環境省の試算が過大だった問題で、松本龍環境相は8日の閣議後会見で「粗い試算であったことは事実だ」と認めた。

エコポイントでのCO2削減「粗い試算だった」 環境相

2009年5月に家電エコポイント制度を始める際に、環境省はCO2削減効果を「年400万トン」と予測。しかし、翌10年3月に実際の販売データに基づいて試算し直したところ、69万トンと予測の約6分の1にとどまった。
買い替え前の家電を実際より古くてエネルギー効率が悪い1995年製で想定していたことや、大型の家電への買い替えが進む傾向を予測していなかったことを認めた。

政府試算って当ったって話聞いたことないけど、それにしてもここまで外れるってすごいもんだなあ。担当者はどんな形で責任をとるんだろうか。削減量に関して内部で賭けしてたら笑うぞ。

ま、でももともと「エコ」をお題目にした期間限定イベントみたいなもんですからね。ビックカメラとかヨドバシカメラといった大手家電屋さん、車メーカー、そしてこの期間に何か買った購入者がホクホクなわけですが、このエコポイントって結局私たちの税金なんですよねえ。やっぱり釈然としないなあ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年2月 8日 18:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Androidアプリ作っててUIどうしようかなあ、と思った時に参考にしたい「Android Patterns」というサイト」です。

次のブログ記事は「2月9日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。