サイト内検索:

売れないDVD 洋画は4分の1に 地デジに画質負け

映画の興行収入が国内で過去最高の2207億円を記録する中、DVDビデオの売り上げが減少している。DVDの画質を超えるハイビジョンの普及や不況の影響などが理由で、洋画DVD(販売用)に至っては5年前の4分の1。このため「洋画の買い付けや邦画制作費をDVDで回収する」という図式が崩れ、芸術性の高い洋画の劇場公開が見送られたり、邦画の企画が製作中止となったり、映画界にとって深刻な事態となっている。

売れないDVD 洋画は4分の1に 地デジに画質負け

日本映像ソフト協会(JVA)によると、昨年1年間のDVDビデオの売り上げは、販売・レンタル用を合わせて2203億円(速報値)。ピークの平成17年(3477億円)から5年連続で減少し、6割にまで落ち込んだ。次世代メディアのブルーレイディスクは473億円と前年のほぼ倍だが、映像ソフト全体に占める割合は17・7%で、DVDの落ち込みを支えるほどの成長は見せていない。

で、問題の1/4というのはこれです。

特に販売用の洋画DVDは16年には840億円だったが、21年には202億円と4分の1に。レンタルも7割に落ち込んだ。22年分は3月に発表されるが、下落が続くのは確実だ。

この理由として、

(1)「DVDで手元に置きたい」と思わせる作品が減った
(2)ハイビジョンテレビが普及し、DVDより地上デジタル放送の映画の方が画質が上になった
(3)安売りをやりすぎて映画ソフトが値崩れを起こし、客が離れた

の3点が挙げられています。

(1)に関してはそんなに映画としてのクオリティが下がっているとは思えないし、どうせ個人が購入するDVDなんて年に数枚程度なんで全体としてクオリティが下がっててもいい作品はいくつかあるので、そこで影響するとはあまり思えません。

(2)は確かにハイビジョンの方が綺麗なんですが、いつでもやっているわけではないし、観たいものが放送されるわけではないので、ちょっと違うかなあ、と。

(3)に関しては確かに安売りが目立つようになってきましたよね。だから同じ枚数しか売れなければ売り上げが下がるのは当然なわけで、値段さげて販売数が伸びればよかったのに目論みが外れてしまった、ってところでしょうか。

つうか、安く販売されているDVDって既に観てしまったものが多く、じゃあ2回目観たいからそのDVD買うかというと、別に2回観なくてもいいよなあ、ってなっちゃうんですよ。

DVDが売れなくなると、劇場での売り上げで制作費を回収しなきゃいけなくなるわけですが、劇場収入も期待できないので、結果として映画が制作されないくなる/予算が掛けられなくなるという負のスパイラルに陥ってしまうわけです。

で、どうしようか、って話になるわけですが、

現状打開に業界は、ブルーレイの普及に期待をつなぐ。しかし、「ブルーレイソフトの急速な普及を望む洋画大手が、DVDのときと同じく、短期的にしか結果が出ない安売り攻勢に出ようとしている」との観測もあり、前途はやはり多難のようだ。

さて、どうなりますか。

ちなみに私はPS3のアップスケール機能を活用しているのでDVDでもまったく問題なく楽しませて頂いております。

あ、最近観たやつで面白かったのはアンジェリーナ・ジョリーの「SALT」です。これはお勧めしたいです。

ソルト デラックス・ディレクターズ・コレクション [DVD] ソルト デラックス・ディレクターズ・コレクション [DVD]

あと「EXAM」という映画も超低予算ながら中々面白かったです。こういうテーマでシナリオ作れ、って言われたら楽しいだろうな。つうか日本のテレビ系の脚本書いている人はきっと得意だと思う。

エグザム [DVD] エグザム [DVD]

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年2月16日 12:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2月16日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「書籍「ライフハッカー」が突然送られてきた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。