サイト内検索:

新高速インターフェイス「Thunderbolt」についてよくある10の質問

Thunderboltについては、まだ数多くの疑問が残されている。インテルは、それらのうち特に大きな疑問について答えを明らかにした。

新高速インターフェイス「Thunderbolt」についてよくある10の質問 | EE Times Japan

ということで、こんな質問への回答がまとめられています。

(1)技術仕様のすべてが公開されるのはいつか?
(2)Thunderboltとは?
(3)Thunderboltのアプリケーションは?
(4)Thunderboltの登場により、USBは消滅してしまうのか?
(5)Thunderbolt向けチップを供給するメーカーは?
(6)Thunderboltは今後、光ケーブルに対応するのか?
(7)Thunderboltはもともと、光ケーブルをサポートするための技術だったはずでは?
(8)Thunderboltのロードマップは?
(9)Thunderboltを今後サポートする企業は?
(10)ThunderboltはFireWireが抱えた課題をどうやって回避するのか?

「7」の「Thunderboltはもともと、光ケーブルをサポートするための技術だったはずでは?」という質問に対しては、

「機器メーカー各社から、『光インターフェイスは、ベンダー側でコストを大幅に削減しない限り、採用するのは難しい』という声が上がった。将来的にはいずれ光インターフェイスに移行していく必要があるが、まだ今後数年の間は、(銅線ケーブルなどの)電気的なインターフェイス(が現実的)だろう」

ということで、多分optical converterのコストが正当化できるぐらいまで落ちないと無理なんでしょうねえ。そのためにはまずこのインタフェースが普及しなきゃいけないわけで、そうなるとIntel1社だけだときついんで、早急に仕様が公開される必要があるんだけど、現時点ではインテルと機密保持契約を締結したベンダーだけが仕様書にアクセスできるような状況みたいです。

「10」にFireWireで起こった問題がThunderboltにも起こるんじゃないか、とありますが、もともとUSB 2.0はインテルによるFireWire潰しなんで、インテルが主導権握っている間はUSBとThunderboltはうまく棲み分けつつ存在していくんでしょうね。

Appleもなんか理由つけてiPhoneとかiPodにThunderboltポートを搭載すれば、あっという間にスタンダードにできるんだけど、やっぱりそこまではできず、まだまだ様子見の状態なんだろうなあ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年2月28日 16:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「au、Android 3.0のモトローラ製タブレット「XOOM」を投入」です。

次のブログ記事は「「App Storeのレビュー機能改善を」 エキサイトとジャストシステムが呼びかけ、開発者の賛同相次ぐ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。