サイト内検索:

これがWi-Fi Directだ―SamsungがGalaxy S IIで実演

韓国Samsung Electronics社はスペイン・バルセロナで開催中の「Mobile World Congress 2011」(2011年2月14日~17日)において,ソフトウエア・プラットフォームとしてAndroidを搭載する同社の新型スマートフォン「Galaxy S II」のWi-Fi Direct機能を実演している

これがWi-Fi Directだ―SamsungがGalaxy S IIで実演

「Wi-Fi Direct」ってのがあるんですね。

Wi-Fi Directはアクセス・ポイントを介さず,無線LAN機能を備えた機器同士が直接通信する仕様。説明員によると「今回搭載したWi-Fi DirectはAndroid本来の機能ではなくSamsungの独自実装」という。

Bluetoothじゃだめなんですね。きっと距離とかスピードとかでメリットがあるんだろうな。

で、機器間で写真を転送する場合の例が掲載されていました。

まず,アルバム・アプリ「ギャラリー」で外部の機器に転送したい画像を開き,共有機能を選ぶとBluetoothなどと混じって「Share via Wi-Fi」というアクションが現れる。これをタップすると無線LANネットワークの探査が始まり,Wi-Fi Directで通信可能な機器の一覧が表示される。その中から機器を選ぶとデータが転送される

探査って結構時間かかるっていう印象があるんだけど大丈夫なのかな。

で、受け取る側は、

自機をファイル転送などを受け付けるWi-Fi Direct機器として設定する場合は,Androidの無線ネットワーク設定から実施する。具体的には無線LANの設定を開き,メニュー・ボタンを押すと,Wi-Fi Directへの設定に移行するためのボタンが現れる。これを選ぶと,Wi-Fi Directの設定画面が開く。開いてきた画面では外部に公開する機器の名前や,外部機器が接続してきた場合のパスワードなどが設定できる。

ガラケーの赤外線通信は転送スピードの点から将来性はないけど、あの手軽さは魅力的です。

パスワード設定とか機器認証なんかを必要としないで、近距離でセンダーとレシーバーを向かい合わせるだけでデータ交換ができる、という簡単なソリューションってなんかないもんですかね。まあ、iPhoneとかAndroidにはbumpってアプリがありますけどね。もっと下のレベルでああいうのを実現させたいものです。NFCではそういうのできるようになるのかな。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年2月16日 17:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「アルファブロガー・アワード2010」発表、ええ、今回も落選しましたよ。」です。

次のブログ記事は「ハック可能なBluetooth対応腕時計「inPulse」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。