サイト内検索:

カシオ、Bluetooth対応「G-SHOCK」発売へ スマホと通信

カシオ計算機は3月23日、Bluetooth通信に対応する腕時計「G-SHOCK」の年内発売を目指すと発表した。対応スマートフォンと通信して時刻を自動的に同期したり、スマートフォンのアプリ次第で新しい使い方が可能になるという。

カシオ、Bluetooth対応「G-SHOCK」発売へ スマホと通信

おお、これは!と思ったら年内発売を目指す、なんですね。

で、Bluetooth通信に対応するとどういうことができるようになるかというと、

年内に登場するBluetooth Low Energy対応スマートフォンと通信(1Mbps)を行い、時刻を自動的に同期する。海外でも、スマートフォンがタイムゾーンを自動認識して現在時刻を取得すれば、時計側も自動的に補正される仕組みだ。
スマートフォンへの着信・メール受信を腕時計で知らせたり、腕時計を軽く叩くことでスマートフォンの着信音・バイブレーションを停止させるといったことができるという。スマートフォン用アプリを開発すれば、スマートフォンを介して腕時計同士が通信するなど、さまざまな新しい使い方も可能になるという。

なんか・・・あまり面白くないですね・・・。

なんというかのか、スマートフォンを3G回線のゲートウェイ的に利用して情報を腕時計側にBluetoothで転送する、っていう感じがいいのかな。ま、NTPサーバー使って時間を補正するってのはそういうパターンだけど、それだけじゃつまらないですよねえ。

オーディオ屋さんであるソニーがWalkman作り、その後いろんなオーディオ屋さんが同じようなデバイス作ったけど、その後コンピュータ屋さんであるAppleが作ったiPodがブレイクした、みたいな感じで、時計屋さんが作るよりコンピュータ屋さんが時計作った方が面白いものが作れるのかもしれないな、と思いました。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年3月23日 18:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Samsung、「GALAXY Tab」にAndroid 3.0搭載の 10.1型と8.9型を追加 ~世界最薄を謳う8.9mmの本体厚、1,280×800ドットの液晶」です。

次のブログ記事は「仁科亜季子、AC苦情殺到に「心が痛む」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。