サイト内検索:

Gmail、受信メールを内容別に分類する「スマートラベル」を試験公開

米Googleは9日、ウェブメールサービス「Gmail」において、受信したメールを内容に応じて自動的に分類する「スマートラベル」機能の提供を開始した。実験的機能を公開する「Gmail Lab」から利用できる。

Gmail、受信メールを内容別に分類する「スマートラベル」を試験公開

スマートラベル機能を有効にすると受信メールを自動的に分類し、ニュースレターや宣伝メールに対しては「一括」、取引明細書や受領書のメールには「通知」、メーリングリストからのメールには「フォーラム」というラベルを自動的に付与する。

自動でラベルつけてくれるのは便利かもなあ、と思ったんですが、

「一括」に分類されたメールは、デフォルトで受信トレイに表示されなくなる。この設定を解除するには、Gmailの「設定」から「フィルタ」を選び、「受信トレイをスキップ(アーカイブする)」のチェックを外せばよい。

ということで受信トレイに表示されなくなるのはいやだな、と思いつつもその回避方法が提供されているのが素晴らしいな。

でも私は今のPriority Mailの機能だけで充分満足しているんであまり必要ないかもしれません。Priority Mailで重要なやつは本文まで読んで、それ以外のメールは「未読をすべて選択」状態にしてタイトルだけ見て、要らないなと思ったら「削除」ボタンで一括削除って方法でGmailを消化しているんですが、今のところこの方法がとてもうまくいっていますので。

といいつつ、何事も経験することが大事!ってのありますので、とりあえず「スマートラベル」を試してみようと思います。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年3月10日 15:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヨドバシ/ビックなどがiPodなどのネット販売を再開」です。

次のブログ記事は「Mac OS Xで定番のFTP/SFTPクライアント「Cyberduck」v4が公開、Windows版が登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。