サイト内検索:

IntelがSSD新製品「320 Series」を発表、25nmプロセス採用で最大600GB

米Intelは米国時間2011年3月28日、メインストリーム向けSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)の新製品「Intel SSD 320 Series」を発表した。現行のSerial ATA(SATA)対応の2.5インチSSD「X25-M」の後継となるもので、価格をX25-Mより最大30%安く設定した。

IntelがSSD新製品「320 Series」を発表、25nmプロセス採用で最大600GB

320 Seriesは、保存容量40G/80G/120G/160Gバイトのモデルに加え、さらに大容量の300G/600Gバイトのモデルをそろえる。25nm製造プロセス技術を用いたNAND型フラッシュメモリーを採用し、対応インタフェースは通信速度3GbpsのSATA II。

値段は、

1000個ロット時の単価は、40Gバイトモデルが89ドル、80Gバイトが159ドル、120Gバイトが209ドル、160Gバイトが289ドル。300Gバイトと600Gバイトモデルはそれぞれ529ドル、1069ドルとなっている。

さすがに容量の大きなやつは値段高いですけど、それでもお金だせば大容量SSDが買えるようになったのはでかいですね。

まあ、値段高い、といっても昔のハードディスクの値段考えたら屁でもないわけですけど。昔の富士通のEagleというディスクって500MBぐらいで500万円ぐらいしましたからね。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年3月29日 15:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「3月29日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「高速なファイル復元ソフト「Recuva」v1.4が公開、Windows 7 SP1に対応」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。