サイト内検索:

「kizna」ベータ版が3月末公開、ソーシャルメディアでCRMを実現

株式会社きずなは、ソーシャルメディアクライアント「kizna(きずな)」ベータ版を3月31日に公開する。まずはTwitterクライアントの機能を提供し、Facebookなどのソーシャルメディアにも順次対応する。当初は招待状を受け取ったユーザーのみが利用できる。

「kizna」ベータ版が3月末公開、ソーシャルメディアでCRMを実現

とっても高機能なTwitterクライアント「kizna」ですが、現在はクローズドベータということで私も参加させていただいているのですが、昨日このリンク記事の発表会の後に開催された懇親会にご招待頂いたので参加してきました。

ご招待されたのですが、なぜか入り口で「3000円です」といわれ「( ゚Д゚)ポカーン」となったのですが、すぐに気を取り直しお財布からお金を出して支払いました。そうですね、そうですよね、そうですよね。

ということで会場はフリーフード、フリードリンクということでシャンパンを飲ませて頂いていたのですが、こちらも途中でなくなってしまい再び「( ゚Д゚)ポカーン」となったのですが、とっさに「ハイボール」が頭に浮かんだのでハイボールを頂くことにしました。

で、18時半から始まったのですが、21時半からは別のお客さんが入る、ということできっかり9時に終了。再び「( ゚Д゚)ポカーン」となりつつ、お店を出て家に帰ると「なんでこんなに早いんだ」という家族からの明らかな邪魔者扱いにしくしくしながらお酒を飲み、0時に眠らせていただきました。

さて、そんなKIZNAですが、ホントに高機能でこれまでのTwitterクライアントではできなかった「あんなこと」「こんなこと」ができるようになっております。

Twitterクライアントとしては、特定の相手と交わした会話を、リプライやRT、ダイレクトメッセージ(DM)を含めて時系列に表示する「History」機能や、"後で対応しよう"と思ったツイートにToDoマークを付けて保存する機能などが特徴だ。
ユーザーもしくはツイートごとに任意のタグを付けることも可能。タグはKizna上から検索できるため、企業ユーザーは顧客に特定のタグを付けて一括管理したり、個人ユーザーは覚えておきたい会話を分類しておくなどの使い方がある。
過去に投稿したツイートに加えて、自分に寄せられたツイートやDMも自動的に保存しており、これらをkiznaから検索できる。Twitterの検索機能は「現時点のツイート」が検索対象となっているが、kiznaは「自らの過去」を検索することが可能だ。

この他にも便利な機能がまだまだあるってんだから驚きですよね。

でも、なんというか最初から機能を盛り込みすぎている感もあり、システムレスポンス的に大丈夫かなあ、という懸念もあります。アプリケーションの形式だったらそういう負荷はそれぞれの端末に分散できるのですが、Web形式にしちゃうとそこに負荷が集中しちゃいますからね。

それにしても単につぶやくだけのシステムのTwitterがこんなにも複雑な展開ができるようになるなんてあの頃からはとても想像できませんでした。プラットフォームになる可能性のあるサービスはコアコンピタンスを単純明快にしてそこだけにフォーカスするというのがほんとに大事ですね。

つうことでサーバー重たくしないようにがんばって欲しいです。レスポンスが命ですからね。

皆さん、3月末のオープンベータを楽しみに待ちましょうね。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年3月 1日 18:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「3月1日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「Macのデスクトップ画面をWi-Fi経由でテレビに映し出す「McTiVia」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。