サイト内検索:

大震災の日本、なのになぜ円高になるのか

震災で日本経済が壊滅的な被害を受けて、実際に日経平均株価も大暴落しています。なのに、為替レートは、なぜ円高に動いているのですか?

Tiwtterで紹介したら結構反応があったのでブログでも紹介しておきます。

大震災の日本、なぜ円高になるのですか?

震災が発生すると「日本はしばらくだめだろ」ということで円安傾向になるはずなんだけど、なぜか今為替は円高になっています。3月14日は81.8円だったのが今日は80.92円になっています。この理由は、

これほど甚大な被害を受けると、企業の経営判断や投資判断として、海外投資など余剰リスクをとりにくくなります。また、実際に海外の資産を処分して円に戻して使う必要に迫られている企業も多いと思われます。わかりやすい例が保険会社。保険の支払いのために、国内資産の売却だけでなく、海外の資産を売却して円に戻すことが考えられます。

保険会社の例が一番わかりやすいですね。保険金を支払うために現金としての「円」が必要になるので円以外の資産を売って円に換えているため円が高くなっているわけです。保険金をドルでもらっても困っちゃいますからね。

企業にしても国内で何かしようとすれば円という現金が必要になりますし、こんな状況になってしまったので余ったお金を海外で転がしている余裕もなくなります。

これに加え、先の米国の9.11の際、保険会社等のこうした動きを見ていた投資家達が先回りして円を買い出した、というのも円高の要因になっているかと思われます。そんなこんなで円高になっているわけです。

ただ、方向としては円安になるべきなんでこの円高傾向がいつまで続くのか、というのはよくわかんないところです。そうこうしているうちに日本立て直しの兆候が見えてくれば円安傾向も止るだろうし。

さらに、

円高になると、さらに日本企業が苦しくなりませんか?もっと株価が暴落しませんか?復興の足かせになりませんか?

という質問に対する答えとして

おっしゃるとおりです。もし、円高が加速して止まらないようであれば、政府・日銀には、為替介入を含むあらゆる手段で、為替市場を徹底的に支えることが求められます。

ということもありますので、ほんと先はどうなるかわかりませんねえ。

75円ぐらいになったら買ってもいいかなあ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年3月16日 16:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ジャニーズ、トラックを無償で貸し出しへ」です。

次のブログ記事は「10個の便利なiOS用ライブラリ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。