サイト内検索:

国民生活センター、地震便乗商法や義援金詐欺に注意呼びかけ

国民生活センターは、東北地方太平洋沖地震に便乗した商法や、義援金詐欺が疑われる事例などに関する相談が寄せられているとして注意喚起している。

国民生活センター、地震便乗商法や義援金詐欺に注意呼びかけ

例えばこんな便乗商法。

便乗商法が疑われる事例としては、実家の両親宅に「屋根工事をしないか」と業者が勧誘に訪れ、「瓦が落ちているので修理が必要だ。すぐに修理したほうがよい」と言われて契約してしまったケースを紹介。
また、一部の地域では「行政から補助金が出る」として、震災後のリフォーム工事の勧誘が横行しているという相談も紹介している。

まあ、便乗商法というか営業根性すさまじい、って感じですが、「行政から補助金が出る」ことを前提の工事だと詐欺っぽい話になりますね。

義援金詐欺もいろいろあるようで、

義援金詐欺が疑われる事例としては、「北海道産のカニを半額で買わないか、売上金の一部を震災の義援金にする」との電話勧誘があったという相談を紹介。義援金について国民生活センターは、「確かな団体を通して送ってほしい。振込口座が団体の正規のものであることも確認してください」とアドバイスしている。

なんというか、それってどこの上地雄輔のファンクラブ?って感じですが、募金したければ本当に素直に赤十字等の確かな団体にしたほうがいいですね。路上で寄付を募っている集団も本当かどうかわかりませんし。

そして例によってチェーンメールなど。

このほか、チェーンメールや電子掲示板、ミニブログなどで誤った情報が流れているとも指摘。消費者に対しては、報道や行政機関のホームページなどの信頼できる情報源で真偽を確かめ、誤った情報に惑わされないようにしてほしいとしている。チェーンメールを受け取った際は、速やかに削除して転送を止めるよう呼びかけている。

うちの子供のケータイにもチェーンメールっぽいのが結構するんですが、全部止めています。まあ、チェーンメール回してくる人も善意の気持ちでやっているんでしょうけど、そういう人ってチェーンメールって言葉すら知らないんだろうなあ、ってことで大人が教えてあげるようにしましょうね。

あと最近聞いた危ない話というのは、女性の一人住まいの家に東電の社員を装い「電気をチェックしにきました」って言って家に入って強盗したり暴行を働いたり、というものですが、これの進化形として、女性が東電社員を装い、一人住まい女性が「女性」ということで安心してドアを開けたら影に隠れていた男が出てきた、みたいなのもあります。

また、「お父さんと同じ職場の者だが、地震でお父さんがケガをして病院に連れて行った。緊急だったので治療を払ったのでそれを返して欲しいので以下の口座まで振り込んで・・・」といったようなものもあるようです。

そんなある種のサバイバル状態になっている今日この頃ですが、知恵と経験と体力でなんとか乗り越えて行きましょうね!

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年3月18日 17:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「正しい情報をリアルタイムで得るために、最低限フォローしたいTwitterアカウント」です。

次のブログ記事は「仙台のIT企業の復興を伝えるFacebookページが登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。