サイト内検索:

Unicodeに対応していないクライアントで文字化けメールを防ぐ「LetterFix for Mac OS X Mail.app」

Mac OS X の Mail.app の仕様によりメール受信時にISO 2022-JP に変換できないUnicode文字となってしまった文字や,メール作成中に不注意で入力してしまったUnicode文字を,別の文字に置換することで,ISO 2022-JP でメールを送信する手助けを行う,Mail.app のプラグインです。

LetterFix for Mac OS X Mail.app Wiki - SourceForge.JP

MacのMail.appはなんだかんだいって私が現在最も好きなメールソフトです。理由はスマートメールボックス機能です。もうこのスマートメールボックスなしの生活は考えられません、って程ではありませんが実に素晴らしいです。

さて、そんなMacのMail.appですが、時々文字化けが発生します。

Unicodeに対応していないクライアントで,文字化けメールが発生することを防ぎます。

つうことでインストールしておくことにしました。

機能的には、

テキストエンコーディングの初期値を「日本語(ISO 2022-JP)」に設定します。

うむ。

〜--等の文字が正しくないUnicode文字(~(U+FF5E),―(U+2015))となっている場合は,ISO 2022-JPに変換可能なものに置き換えます。

うむ。

丸数字・ローマ数字等の機種依存文字を,(1)やIV等,通常の文字を使用した表現に置き換えます。 Leopardの場合は,丸数字・ローマ数字等の機種依存文字は,受信時点で「㈰」等に文字化けしています。これを通常の文字を使用した表現に置き換えます。

Windowsで○の中に1っていう機種依存文字を使ってメールが送られてくると、それが(日)とかになるんですが、項目が複数あると、(1)(2)(3)...が(日)(月)(火)...という表示になるんで、なんか「日曜日に 市場(いちば)へでかけ〜♪」という「一週間の歌」というかその日のそれをやるような感じがしてそれはそれで楽しいのですが、やっぱりまずいよね、ってことですね。

残ったISO 2022-JPに変換できない文字を,「〓」に置き換えます。 件名の文字を確認し,上記の動作の他,〜--等の【本来はISO 2022-JPに変換できるはずなのにMail.appのバグでUTF-8で送信されてしまう】文字を置き換えます。

ということで、同じような悩みを持っている人は試してみてください。10.6.7にも対応しています。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年3月30日 11:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シェリルのフィギュア付きホビージャパンの5月号を買った。」です。

次のブログ記事は「3月30日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。