サイト内検索:

「monotribe」、KORGが発表 電池で動く手のひらサイズの"アナログ版ELECTRIBE"

コルグは4月6日、手のひらサイズのアナログシンセサイザー「monotribe」を5月下旬に発売すると発表した。アナログシンセとアナログリズム部、ステップシーケンサーを供え、言わば"アナログ版ELECTRIBE"。電池で駆動し、どこでも楽しめるのも特徴だ。価格は2万1000円。

「monotribe」、KORGが発表 電池で動く手のひらサイズの"アナログ版ELECTRIBE"

値段も手頃で面白そうですよね。

サイズは207(幅)×145(奥行き)×70(高さ)ミリ、重さ735グラムと小型ながら、同社のアナログシンセ「MS-10/MS-20」と同じVCF回路を搭載したアナログシンセと、アナログ回路で作ったバスドラム、スネアドラム、ハイハットを鳴らせる3パートのドラム音源、ELECTRIBEやKORGのiPadアプリでもおなじみになったステップシーケンサーを搭載している。
リボンコントローラーを使えば触るだけで演奏が可能。新たに、鍵盤のように半音ずつ上がっていく「KEY設定」モードを搭載し、演奏の可能性が広がっている。

んで、デモのビデオがあったので見てみたのですが、それ見たらすっかり使いこなせない感にとりつかれてしまいました。買う気を削がれるデモビデオ、というのも中々珍しいもんです。

いや、見ていると面白いんですよ。でも指の動きが速くて速くて。とてもできそうもありません。


blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年4月 7日 18:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「売れるアイデア」を共有する機能を追加、日本IBMがソーシャルソフトの最新版発売」です。

次のブログ記事は「ドコモ、クラウド型グループウェア「モバイルグループウェア」を25日提供」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。