サイト内検索:

インテル、タブレット向け新チップの出荷を開始

Intelは米国時間4月11日、Lenovoや富士通などのタブレットに搭載される予定の新しいプロセッサの出荷を開始したと述べた。世界最大のチップメーカーである同社はこれによって、ARMが提供する競合チップを搭載する製品の勢いを抑えたい考えだ。

インテル、タブレット向け新チップの出荷を開始

「Atom Z670」という型番だそうです。

Intelによると、「Atom Z670」プロセッサは、Atomの従来のZシリーズよりもビデオ再生が改善され(最大1080p)、バッテリ寿命が長くなっているという。また同チップは、集積回路を搭載するシリコン部分である「ダイ」のサイズが60%縮小しているため、より小さく薄型の設計を可能にする。
Lenovoと富士通のほか、Motion Computing、Razer、VilivといったデバイスメーカーがZ670を搭載するタブレットを発売する予定である。他のAtomチップと同様に、Z670はGoogleの「Android」「MeeGo」「Windows」の各OSをサポートする。「この独自の柔軟性により(中略)、タブレットや、ノートPCとタブレットの最も優れた機能を組み合わせたハイブリッド設計にさらなる選択肢を提供する」とIntelは述べた。

ノートPCに「Atom Z670」を載っけてもあまり魅力はないような気がしますが、とりあえずAndroidとWindowsのデュアルブートが可能なタブレットみたいなもんが出てきたら惹かれる人は少なくないような気がします。

Android+Windowsの組み合わせだったらiOSに勝てるかな。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年4月12日 14:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「4月12日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「iPad 2のフロントカメラを使って3Dディスプレイを実現」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。