サイト内検索:

Windowsソフトを1クリックで利用可能に―アプリ配信プラットフォーム「Win Soft Mall」

インターパイロンは4月7日、アプリケーション配信プラットフォーム「Win Soft Mall」を発表、同日よりサービスを開始した。

いわば"Win App Store":Windowsソフトを1クリックで利用可能に――アプリ配信プラットフォーム「Win Soft Mall」

マイクロソフトが始めたのかと思ったら違ってちょっとがっかり。

Windows向けソフトの多くは、パッケージを購入するか、作者のWebサイトや総合ダウンロードサイトからプログラムをダウンロードしてインストールする必要があるが、Win Soft Mallではほぼ1クリックでインストール/アンインストール/アップデートを行えるのが特徴。Win Soft Mall内に登録されたソフトに限られるものの、機能的にはアップルが展開している「Mac App Store」のWindows版という印象だ。

面白いなあ、と思ったのは、

Win Soft Mallでは専用のクライアントソフトによってアプリケーションが一括管理される。モール経由でダウンロードされるアプリケーションはパッケージ化され、バーチャル環境で起動するため、レジストリの変更といったインストールプロセスがなく、1クリックでインストールが行える。

ふむふむ。

沈氏は、複数のソフトを最新版に保つ際の容易さや、ソフトをアンインストールすれば不要なレジストリ情報やファイルが残らないこと、パッケージ化するときのセキュリティチェックによってソフトの安全性が保たれる点をメリットとしてアピール。また、開発者にとっても配布チャネルの選択肢が増え、今後展開予定の有料版でユーザーが課金しやすい仕組みを提供できるとした。

売り上げの分配も

たぶん8:2(開発者:インターパイロン)くらいになると思う

ということで文句はないんですが、ユーザそして開発者にとっての問題は

1.マイクロソフトじゃない
2.マイクロソフトはやらないのか
3.途中でなくなったらどうすりゃいいのか

ってことでしょうか。

マイクロソフトが同じようなサービスを始めたらそちらも利用すればよいだけなのですが、そうなると「Win Soft Mall」がだめになっていくわけで、で、だめになった場合「Win Soft Mall」経由で販売したソフトウェアのメンテナンスってどうなるか、ですかねえ。

なので、売り上げ分配も大事なんですが、まずはプラットフォームの拡大を目標として分配なしでしばらくやってみるとかなんかちょっと考えた方がいいかもしれません。

この手の「ストア」って確かにユーザとのコンタクトポイントが増えるのと課金管理の部分を任せられるのも魅力的ですが、なにより不正コピーを防止できるというのが魅力的なので、なんとかがんばって欲しいです。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年4月 8日 15:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「標識を殴ったら」です。

次のブログ記事は「東大寺が銀行から1億円借り入れて震災地に寄付」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。