サイト内検索:

1000枚以上の高解像度写真をつなげて360度パノラマ写真にしてさらにその場にいる自分にタギングできるサイト「wembleystadium.com」

このタイトル、何言っているかまったくわからないと思うんですが、このサイトを体験すれば伝えたいことがご理解いただけると思います。とにかく凄い、素晴らしい。

とりあえずURLです。

HOME | wembleystadium.com

まずですね、こんなトップページです。

で、Facebookのアカウントでログインすることもできますし、ログインせずに使うこともできます。

で、私はログインしないで先に進んでみたのですが、するとこんな表示になります。

Google Mapsのストリートビューみたいな感じで360度スタジアムを見渡すことができますし、ズームすることもできます。

で、番号がついているピンが画面内に見受けられますが、これは「これ、俺」と自分をタギングしたものです。

試しに一番上の席に座っている12番のピンまでずずずいっとズームしていってみましょう。するとこんな感じになるわけですよ。


いやー、これ、すごいわ。その試合に参加した観客は試合後も「俺、ここ!」とか「へー、君もこの試合見にいったんだけね」なんて感じで盛り上がれるわけですね。また、全然知らない異性にも「今度は僕と私と一緒に試合見に行かないかい?」なーんてなことをFacebookの中でできるわけですね。いやー、素晴らしいなあ。技術とアイディアが高いレベルで昇華されていますよねえ。まいった。

そんなわけでこの事例は、日本の野球とかサッカーやっている企業にはとても参考になるかと思います。Facebookも非常にうまく使っていますしね。とりあえずネタフルさんは浦和レッズに提案してみるとよいかと思います。

どうやってこんなすごい写真を撮っているのか、ってのは「How we did it」というページで解説されています。

HOME | wembleystadium.com

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年5月17日 21:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Google Translateを使って作った歌」です。

次のブログ記事は「退職後「1億6600万円」必要...あなたも"老後難民"仲間入り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。