サイト内検索:

32型で実質2万円台も 薄型テレビの価格急落中

エコポイント騒動に乗り遅れた人には朗報だ。ここにきて薄型テレビの価格が大幅に値下がりする現象が起きている。売れ筋の画面サイズ32型では実質2万円台まで暴落する機種も出ている。

32型で実質2万円台も 薄型テレビの価格急落中

福山雅治のCMで知られる東芝「レグザ」の普及機種は、複数の量販店でポイント還元を差し引いた実質価格が約3万円に設定されており、中には実質約2万9800円で販売している店もあった。
シャープの「アクオス」32型も普及機種が3万2000~3万3000円台で売られるなど、実質価格やポイントなしの現金特価で3万円台で手が届くようになった。22型や26型など画面サイズが小さい機種より32型の普及機種の方が値段が安いという逆転現象も起きている。

ということなんですが、なんでこんなに安くなっているかというと、

「3月末のエコポイント終了の駆け込み需要を見込んで各社が積み増した在庫がまだ残っているので、価格を下げて売っている」

日本大震災の影響で3月末の商戦が空振りとなった結果、「目玉商品」がまだ残っている、ということになっているようです。

息子がPCのセカンドモニター欲しいといっていたので、LGの23インチぐらいで1万5千円ぐらいのを、と考えていたのですが、こういう状況だったら3万出して32インチのテレビ買ってHDMI接続しちゃうのがいいかな、って気にもなりますね。

つうか国産のそれなりのブランドのPC用液晶モニタ買うんだったらこれらのテレビ買う方がいいかも。まあ、大きすぎるという話もありますがw

レグザいいなあ。ハードディスク付けて録画できるのが3万円だったら買っちゃいそうだ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年5月13日 15:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士通、液晶を起こすとキーボードが現れるスレートPC「LIFEBOOK TH」」です。

次のブログ記事は「西友、"節電ビズ"シャツを発売」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。