サイト内検索:

マーカー不要のAR技術「SmartAR」、ソニーが開発

ソニーは5月19日、AR(拡張現実)の新技術「SmartAR」を発表した。従来のARには映像内に2次元バーコードなどの「マーカー」を映してAR用CGの表示場所を認識させる必要があったが、新技術では画像内の物体を認識させることでマーカー不要でCGなどを表示できるのが特徴。

マーカー不要のAR技術「SmartAR」、ソニーが開発

従来から研究してきたという物体認識技術と、「AIBO」「QRIO」などのロボット開発で培った、独自の3D空間認識技術を統合することで実現した。

ということで、こりゃ一朝一夕には真似できないよなあ、ってレベルのものになっております。凄すぎる。

そんなわけでまずは以下のビデオを見てみてください。

物体認識では、物体の一部の特徴とその位置関係を使って物体を認識。計算量の少ない独自アルゴリズムと、確率によるマッチング技術により、照明の変化や、物体の姿勢の変化にも強く、かつ高速な認識が可能という。
さらに、高速追従によりAR情報を画面上に素早く表示。高速なカメラの動きに対しても自然にARを表示できるという「横に振っても前に振っても認識する"高速ぴったりAR"」(福地リサーチャー)が特徴だ。モバイルデバイスでも実用的に動作し、Androidスマートフォン「Xperia arc」によるAR認識の場合、毎秒30フレーム以上で追従できるという。
これに加え、3D空間認識技術で現実空間の3D構造を認識し、AR表示する仮想空間の物体と融合。仮想空間上にある巨大なキャラクターを、カメラを動かすことで全体を見渡したり、仮想物体が現実の空間に存在するかのような動きを演出することもできるという。

この物体認識って何をもって認識しているのかわからないのですが、似たようなもの、だったらそれを誤認識するレベルのもんなのかなあ。それがそれである、って確実に認識できるのだとしたらそりゃほんとにすごいな。

そんなわけで今後まだ実証実験を続けていくということで一般市場にはまだ降りてこないのですが、その日がくるのを楽しみに待ちたいと思います。

というか、開発者の人は満足できないかもしれないけど、とりあえずアプリケーション決めて市場に投入してみる、ってのもアリな話だとは思うので、1日も早くリリースして欲しいものです。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年5月20日 16:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「椅子の中に椅子がある「Inception Chair」」です。

次のブログ記事は「指定フォルダをチームで同期できるコラボレーション版"Dropbox"「TeamDrive」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。