サイト内検索:

「店舗に近づくとクーポン」、無線LAN経由のスマホ向けプッシュ配信技術を開発

ビーマップは2011年5月23日、「Wi-Fi接近センサー」と同センサーを活用したプッシュ型情報配信技術「スマートプッシュ」を開発したと発表した。検知可能なスマートフォンはiPhone 4/3GSで、今後はAndroid 2.2以降やWindows Phone 7への対応を予定する。検知無線方式はIEEE802.11b/g、検知範囲は半径30メートル(設置環境により変動)。

「店舗に近づくとクーポン」、無線LAN経由のスマホ向けプッシュ配信技術を開発

なかなか面白い試みだと思います。

Wi-Fi接近センサーは、スマートフォンの接近を検知し、クラウドサービスに通知する。接近するスマートフォンを特定し、その接近をインターネットのサーバーへ通知する。スマートプッシュは、このWi-Fi接近センサーを活用したプッシュ型情報配信技術である。同センサーが検知したスマートフォンに、情報をプッシュ配信する機能を提供する。

近づいてきた端末に直にメッセージをプッシュするのではなく一度クラウド側、というかリモートサーバー側に通知してから、というのがポイントかな。そうすることでiPhoneのプッシュ通知機能が使えるようになりますからね。

この記事には詳細が書かれていないのですが、アプリをインストールする必要はあるんでしょうね。で、それでその端末のMACアドレスを取得しておいて、「Wi-Fi接近センサー」と呼ばれるシステムで近づいてきた端末のMACアドレスをチェックして登録済みのMACアドレスだったらプッシュ発動、みたいな流れなんだろうなあ。

これまでもGPSを利用したローカル広告配信サービスはあったが、GPS電波が受信できない屋内や地下では利用できない。また「場所を取得するためスマートフォンアプリを起動する必要があった。開発技術はGPSが利用できない場所でも利用でき、スマートフォンアプリを起動することなくローカル広告をプッシュ配信できる」と従来技術との違いを説明する。

たしかにそうなんだけど、じゃあGPS使った広告配信システムがいまいちなのはそういう理由なのか、というとちょっと違うような気もするんで、ローカル配信広告の問題点はなにか、ってのを把握するのが大事ですよね。

マクドナルドとかコンビニみたいな大手さんに採用されたらアプリをインストールしてもらえるだろうから、まずそこが大事だとしても、その後は地味に実店舗に説明・営業して廻らないといけないからそこが結構たいへんかな。グルーポンとかリクルートみたいなところと協業できればそのあたりは楽になるんだろうけど。

がんばってください。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年5月25日 18:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「ガリガリ君」でかき氷が作れるかき氷器、6月発売」です。

次のブログ記事は「「Camera+」を作った人が作ったiPhone用パズルゲーム「The Heist」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。