サイト内検索:

紙のように曲がるスマートフォン、カナダの大学が開発

紙のように曲がるスマートフォンを、カナダのクイーンズ大学が開発した。

紙のように曲がるスマートフォン、カナダの大学が開発 - ねとらぼ

同校が開発した「PaperPhone」は、曲げられる柔軟な電子ペーパーを使ったコンピュータ。3.7インチの電子ペーパーディスプレイを搭載し、画面をリフレッシュするとき以外は電気は使わないという。

ビデオを見てもらえばわかるんですが、「まだまだ」って感じです。大学の研究室ではこういうのがよく作られていますよね。

試作機は、音楽の再生、電子書籍の閲覧、通話など一般的なスマートフォンの機能を備える。センサーを内蔵し、ディスプレイを曲げることで操作できる。同校の研究者ロエル・バートガール氏は、「この薄型フィルム携帯は5~10年のうちに今のスマートフォンを時代遅れにする」としている。

確かに「まだまだ」なんですが、なんか未来を感じることはできます。これぐらいの薄さになればシステムノートのリフィルみたいにメモ帳に挟み込んでおくような使い方とか、電話できなくても何かしらの通信デバイスとかストレージの役割が果たせそうです。

でも、なんとなくだけどこんな感じのだったら日本の方がいいの作れそうw


blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年5月 9日 15:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「5月9日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「スマートフォンでも仮想デスクトップをスムーズに 富士通研究所、高速表示技術を開発」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。