サイト内検索:

退職後「1億6600万円」必要...あなたも"老後難民"仲間入り

年度末で定年退職を迎え、新生活に慣れつつある読者もいらっしゃるだろう。そこで質問。退職後、天寿をまっとうするまでにお金がいくら必要かご存じか? 試算では平均的モデルでざっと1億6600万円! 用意できないと満足な高齢者向けサービスは受けられず、「老後難民」と化してしまうというのだ。

退職後「1億6600万円」必要...あなたも"老後難民"仲間入り

1億6600万円も必要なのかね?ってことでその計算式を見てみると、

59歳で年収700万円の世帯では、退職後の生活にその68%(476万円)がかかるという。
60歳女性の平均余命は4人に1人が94歳に達している。「分かりやすい数字で95歳、つまり60歳から35年分の生活費を確保する必要がある」
年収700万円の68%が35年分で、ざっと1億6600万円。厚生労働省が昨年発表した夫婦2人分の標準的な年金額は約24万円で、65-95歳に受給すると8640万円。差し引きで約8000万円を自助努力で用意しなければならない。

退職後に年476万円も必要なんでしょうかね。月約40万円ですよ。まあ、使えるお金はたくさんあった方がいいとは思うのですが、うちの母などはバス代とかなんだかんだが無料になる年齢だし、持ち家なんで月に5万円もあれば全然問題なく生活できると言っておりますが。

なんというか普段の生活費のほとんどが子供の養育費や教育費だったりするわけで、そんな子供が成人になってそういう出費がなくなればほとんどお金かからなくなるような気がするんですが、それはきっと定年退職してみないとわからない世界なのかもしれません。「医」にすごくお金かかるようになるかもしれないし。

で、この記事のアイディアは米大手運用会社フィデリティの関連機関所属の人にものなので、「だからできるだけ早く資産作りを始めましょう」という話になるわけで、そんなわけでこれは結局ポジショントークというか営業なんですね。

でも一度は定年退職後の生活をシミュレーションしてみて若いうちから備えておく、というのは必要ですね。今度やってみようっと。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年5月17日 21:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1000枚以上の高解像度写真をつなげて360度パノラマ写真にしてさらにその場にいる自分にタギングできるサイト「wembleystadium.com」」です。

次のブログ記事は「「するぷろ for iPhone」を買った。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。