サイト内検索:

グーグル、台湾におけるAndroidアプリケーションの販売を停止

台湾の「Android Market」で7日間の払戻期間を設定せずにアプリケーションを販売したとして、現地当局から罰金の支払いを命じられているGoogleは、対応策として台湾におけるアプリケーションの販売を停止した。

グーグル、台湾におけるAndroidアプリケーションの販売を停止

台北市政府法規委員会の声明によると、台湾の消費者保護法に従わなかったとして、Googleに100万新台湾ドル(約3万4596米ドル)の罰金を科したという。この法律は、購入した品物を消費者が評価して払い戻しを求めるかどうか判断するための期間を7日間とするよう定めている。Android Marketでは、今のところアプリケーションを評価して払い戻しを求めるための時間が15分しか与えられていない。

なんというか、みんな不幸になっちゃったなあ、って感じでしょうか。

アプリ購入後7日以内だったら返品可能、なんてしちゃったら有料のゲームとかさんざん遊び尽くされた挙げ句に返品ってパターンになるだろうし、電子書籍なんかもそうなっちゃいますよね。

7日間払戻に対応しなきゃいけない、ってなったらそりゃgoogleとしては「売らない方がまし」ってことになるでしょう。

で、ユーザの中にはお金払ってでも優良なアプリが欲しい、って思っている人は販売中止になったらそういうアプリを入手する手段がなくなるわけで・・・。

政府もユーザを保護しているようで実は保護していない結果となっているのが実に残念な話です。

ってことは、iPhone及びApp Storeもないのかな。今の台湾のスマートフォン事情ってどうなっているんだろう。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年6月28日 17:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「作業効率の向上に、USBフットペダル導入のススメ」です。

次のブログ記事は「Googleからサービス内横断検索「What do you love?」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。