サイト内検索:

公式Android Marketで「リパッケージ」版のアプリが氾濫

他人のアプリケーションに無断で手を加えた「リパッケージ」版のアプリケーションが、公式・非公式のAndroid Marketで配布されるケースが過去数カ月で急増しているという。F-Secureが6月27日のブログで伝えた。

違法性"大きい":公式Android Marketで「リパッケージ」版のアプリが氾濫

一瞬なんのこっちゃ?っと思ったのですが、なるほど、これはひどい話ですね。

リパッケージは新手のアプリケーションを手っ取り早く作ることができる手段として開発者の間で人気が高まっているという。この手口でマルウェアを仕込んだ海賊版アプリケーションの問題はこれまでにも報告されているが、F-Secureによれば、他人のアプリケーションに無害なコードを付け加えてAndroid Marketで配布するケースも多発しているという。

アイコンとアプリ名を変えてマーケット上のスクリーンショットを違うモノにしちゃえばオリジナルの開発者は気づかないだろうし、同じアプリをダウンロードする確率は低いだろうから発見されるも確率くなるでしょうしね。

その一例として挙げたアプリケーションは、オリジナル版のモジュールに広告モジュールを付け加えただけのものだった。中にはオリジナル版にほとんど手を加えないまま、アプリケーションの名称だけを変えたものもあるという。AndroidアプリはJavaで開発されているため、簡単にリバースエンジニアリングができてしまうとF-Secureは解説する。

なるほどなあ。

これ、どういう対策とっていくんでしょうかね。

大手デベロッパならともかく、個人開発者だったら違反アプリ作っている開発者を特定するのもたいへんだし、特定後の訴訟等も現実問題として無理なんじゃないでしょうか。

とりあえずマーケット登録の際にデベロッパの身元確認等の手続きは必須、ってところかな。あとはコードの類似性をチェックするシステム作るとか、マーケット登録の際に開発者しか知らないキーを入力しないと登録できないとかかな。

とりあえず大事な問題なので、Googleがどう対応するかが見物です。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年6月28日 15:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「六本木に「ニコファーレ」が7月18日オープン、ニコ動の次世代ライブハウス」です。

次のブログ記事は「作業効率の向上に、USBフットペダル導入のススメ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。