サイト内検索:

eneloopに新シリーズ--高容量のproとおもちゃ用のplus

三洋電機は6月9日、充電池「eneloop」に高容量タイプの「eneloop pro」と、過昇温防止機能を備えた「eneloop plus」を追加した。

eneloopに新シリーズ--高容量のproとおもちゃ用のplus

まだまだいろいろバリエーションが作れるもんなんですね、エネループ。

で、proですが、

eneloop proは、2400ミリアンペアアワーの高容量充電池だ。1900ミリアンペアアワーの「eneloop」に比べ、約25%高容量化し、長時間の使用が可能になるとしている。三洋電機によると従来製品に比べ、デジタルカメラでは約18%アップの約609枚の連続撮影、LEDライトでは約31%長持ちの約357分の連続使用を実現するとしている。

単に容量が増えているんですね。proってよりはfatって感じでしょうか。デジタルカメラやカメラのフラッシュ、LEDライトでの利用をオススメしているようです。

plusの方は、といえば、

eneloop plusは、ゲームやラジコンなど高い安全性が求められるおもちゃに最適な充電池だ。容量は1900ミリアンペアアワーで、繰り返し使用は約1500回可能とeneloop同等の性能を持つ。
電池本体にポリマー系のPositive Temperature Coefficient(PTC)サーミスタを内蔵したことにより、万一の誤使用時の電池温度上昇を抑制できるとのこと。

ってことはノーマルなエネループは電池温度上昇の危険性がある、ってことなのかな。まあ「高い安全性」が欲しかったらplusって感じなんでしょうね。あとはお値段とのご相談、って感じでしょうか。

そのお値段なんですが、充電器なしだとProが4本セットで1900円、Plusも1900円前後だそうです。えええ、そうなるとどれ買ったらいいのかわかんなくなるぞ。ちなみにノーマルなエネループはアマゾン参考価格1481円で実売1216円となっていました。

SANYO NEW eneloop 充電式ニッケル水素電池(単3形4個パック) [HR-3UTGA-4BP] SANYO NEW eneloop 充電式ニッケル水素電池(単3形4個パック) [HR-3UTGA-4BP]

ちなみに「eneloop lite」というシリーズもあるんですね。ほんともう何がなんだか・・・。

あとついでにワイヤレス充電の国際規格「Qi(チー)」に適合した無接点充電器「N-WL01S-W/K」というのも発表されたようです。2000円です。なんかそろそろ充電パッドも買ったほうがいいかな、って気になってきました。

maxell 「Qi」規格ワイヤレス充電器ステーション デュアルタイプ WP-PD10.BK maxell 「Qi」規格ワイヤレス充電器ステーション デュアルタイプ WP-PD10.BK

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年6月 9日 16:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「初のiPad Smart Coverアプリ、Evernote Peek登場」です。

次のブログ記事は「6月10日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。