サイト内検索:

Google、友人のページを検索結果に表示する「ソーシャル検索」を日本でも開始

Googleは13日、キーワード検索の結果中に友人のコンテンツを関連性の高い情報として含める「ソーシャル検索」機能の提供を日本でも開始した。

Google、友人のページを検索結果に表示する「ソーシャル検索」を日本でも開始

「ソーシャル検索」は、2009年に米国で提供が開始されたもので、通常のキーワード検索の結果ページ中に、友人や知り合いが作成したコンテンツで関連性が高いと思われるページを表示する機能。たとえば、「キリマンジャロ 登頂」で検索した場合、友人がブログでキリマンジャロに登頂した様子を紹介していれば、そのページが関連性の高い情報として検索結果に表示され、ブログ記事の下には友人がプロフィールなどで設定した名前や写真が表示される。

試しにあのお友達が書いているブログのあの記事が引っかかるようなキーワードで検索してみたのですが、その記事が上位には表示されませんでした。

そこでふと思ったのが、Google様は私のお友達を誰だと思っているのか、っていうことです。

友人関係は、Gmailのチャットリストやコンタクトグループ、GoogleリーダーやGoogleバズでフォローしている相手などが、ユーザーの「ソーシャルサークル」にいる人と認識される。

ああ、そっち系ではGoogleは活用していないからデータが足りないのかな、と思ったんですが、

また、Googleのサービス以外にも、GoogleアカウントやGoogleプロフィールで登録しているTwitterなどのアカウントでつながっている相手もソーシャルサークルに含まれ、Twitterなどでつながっている「友達の友達」もソーシャルサークルのメンバーとして認識される。

ということなのでデータとしては充分なはず。

具体的にどんな人をお友達としてGoogleが認識しているか、は以下のページで確認できるようです。

http://www.google.co.jp/s2/search/social

間接的なコネクション、には2974人登録されていました。いわゆる「友達の友達」なので知らない人ばかりですw

でもこの「ソーシャル検索」ですが、いわゆる「検索」だったら知っている人の普通の内容の情報より知らない人の有益な情報の方がいいと思うんですけどね。むしろこういうのはブログ検索の方についているとより近い人の記事から読めてよいかと思うのですが、ブログ検索そのものがあまり知られていないから仕方ないんでしょうね。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年6月14日 13:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「6月14日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「"アプリキラー"新機能組み込みのiOS 5発表で、アプリ開発者が目指す道は?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。