サイト内検索:

アップデートした「Google Sync」が使えないとお嘆きの場合は。

米Googleは米国時間2011年6月15日、同社サービスとモバイルデバイス間のデータ同期を実現する「Google Sync」の強化について発表した。

Google、モバイル同期サービス「Google Sync」でiOS向け機能強化

また、Gmailは送信元の電子メールアドレスとしてGmailアカウント以外のアドレスをリストから選んで送信できる「Send Mail As」機能があるが、iOS端末でこれを利用できるようになった。

Gmailで「Send Mail As」を使いたいので、この新しいGoogle Syncを使ってみようと思ったのですが、なんかうまく動かず四苦八苦しました。

とりあえず「Google Sync gets universal Gmail search and 'Send mail as' features for iOS」のページに掲載されている以下の画面を出したいのですが、どこでどう出すのかが全くわかりませんでした。

結果から書くと、Gmailの言語設定が「英語」になっていないとだめのようです。

SafariからGmailにアクセスして言語環境を英語にしてから一度サインアウトし、再度ログインするとデバイスを選択する画面が表示されるのでiPhoneだったら「iPhone」を設定すると上記のような画面になるので、そこで「Enable "Send Mail As" for this device」にチェックを入れてその後GmailにInBoxなりにアクセスします。

で、新規メールとかリプライメールを作成するときに"Send Mail As"で設定したメールアドレスとGmailのアドレスを指定できるのかなあ、と思ったんですが、それはできないようで、普通にGmailからメールを送ると送信時に"Send Mail As"で設定したメールアドレスに変換して送ってくれるようです。

うーん、送信相手によって適宜その場で切り替えられない、という点が不便ですね。AndroidのGmailアプリだとそれができるに!

で、これはSafariからGmailにアクセスした場合のお話です。iOSのMail.appからGmail経由で"Send Mail As"で送信する時は次のようにやります。

まずはSyncできるようにアカウントの設定をします。以下のぺージの手順に従い「Exchange」でGmailにアクセスするアカウントを作成します。

Apple 端末で Google Sync をセットアップする

で、その後普通に今回設定した「Exchange」のメールアカウントからメールを送るとSafariのGmailから送るのと同様に送信元メールアドレスを"Send Mail As"で設定したメールアドレスに変換して送ってくれるようです。こちらも都度送信元メールアドレスを切り替えられないようで、やっぱり不便です。

という感じです。いろいろアドバイスくれた@hirataさんに感謝!

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年6月16日 18:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東京メトロ、駅の冷房を正午~午後3時は停止」です。

次のブログ記事は「CSSの文法チェックサイト、その名も「CSS Lint」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。