サイト内検索:

Google、カレンダーを利用した予約システム「Appointment slots」を発表

米Googleは6月6日(現地時間)、Googleカレンダーに第三者が直接予約を書きこめる新機能「appointment slots(日本では「予約の時間枠」)を発表した。向こう数日間で全ユーザーが利用できるようになる。

Google、カレンダーを利用した予約システム「Appointment slots」を発表

例えば病院や美容室などが、顧客向けに公開するGoogleカレンダーでこの機能を利用すると、顧客はカレンダー上の空いている時間に直接予約を書き込むことができる。これで「仕事時間中に美容院に予約の電話をしなくて済む」とGoogleは説明する。
こうして時間枠を設定した予約用カレンダーには、各カレンダーにサインアップするためのURLが付与されるので、顧客や同僚など、予約枠を利用してほしい相手にこのURLを告知できる。

機能するのでしょうか、これ。

推測しにくい長いURLをメールで顧客に教えてあげてもそのメールはきっと見てくれないし、Gmailのアカウントないと予約を書き込めないし。

で、そのURLが一度どっかで公開されようもんなら、ライバルのお店から空の予約入れられてしまうんじゃないかな。

あと、顧客が予約一覧を見て「あ、混んでいるから別の店にしようっと」っていう機会損失も発生するんじゃないかな。電話での予約だったら、店側の調整でお客さんが希望する時間に担当者が予定入っててもなんとかなる場合って結構ありますからね。

と、ネガティブな意見を書いてみたものの、これ、例えば施設予約の目的だけでサイボウズOfficeなどを導入している企業だったらちゃんとワークするような気がします。閲覧及び書き込める人間はわかっているわけだし。

あ、ってことはサイボウズOfficeがきつくなるんだな。がんばれ、サイボウズ!

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年6月 7日 16:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Appleが「Mac OS X Lion」正式発表、ダウンロード販売のみで7月発売、2600円」です。

次のブログ記事は「iPhoneが多機能学習リモコンになるネットワーク型リモコン端末「iRemocon」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。