サイト内検索:

Microsoft、「Windows Azure」の受信データ転送を無料に

米Microsoftは6月22日(現地時間)、クラウドサービス「Windows Azure」の料金体系を改訂し、7月1日から受信データ転送を無料にすると発表した。

Microsoft、「Windows Azure」の受信データ転送を無料に

「受信データ」というのは使う側からみると「アップロード」ってことですね。

Windows Azureプラットフォームの従量課金制プランでは現在、データ転送には月額で1Gバイト当たり受信に8.74円、送信に17.48円掛かる(ただし、オフピーク時であれば現在も受信データ転送は無料)。また、月額一定料金のプランでも、使用量の上限を超えた場合は追加料金の支払いが必要だ。これが、7月1日からは受信データ転送がオンピーク時も無料になる。

転送データ量への課金はなくなるけど、使用ディスク容量については課金されるって話なんだと思いますが、なんにしろアップロード時の課金を気にしなくてよくなる、というのはいいですね。

クラウドストレージとしてバックアップ用途でうまく運用できるとメリットが大きそうです。

というアナウンスを受けた他のクラウドサービスがどういう対抗策を打ってくるか、ってのが次の楽しみですね。

参考までにWindows Azure Platform従量課金プランはこちら

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年6月23日 15:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Pogoplugをソフトだけで実現、PCをパーソナルクラウドにするソフト公開」です。

次のブログ記事は「米新興企業がピント合わせ不要のカメラを開発、光照射野技術ですべての光線情報を記録」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。