サイト内検索:

米新興企業がピント合わせ不要のカメラを開発、光照射野技術ですべての光線情報を記録

米カリフォルニア州マウンテンビューに本社を置く新興企業Lytroは現地時間2011年6月22日、「デジタルカメラの歴史で最大のイノベーションとなる製品を開発した」と発表した。

米新興企業がピント合わせ不要のカメラを開発、光照射野技術ですべての光線情報を記録

光照射野センサーによって、光線の色や明暗度、方向といった被写体のすべての光線情報を記録する。このため後から自由にピントの合う場所を変更できる。

要するに写真を撮った後からピントを合わせる場所を指定(変更)することができるわけです。想像はしてみるけど絵空事としてこれまでだったら一蹴されてたようなお話ですね。

同社はカメラをまだ公開していないが、2011年中の発売を予定している。米メディア(New York Times)は、従来であれば100台のカメラをスーパーコンピューターにつないで実現する技術だが、Lytroのカメラの大きさはオートフォーカスカメラと同程度で、価格も一般的な消費者向け製品と同じと報じている。

具体的にどんなものか、というのはデモサイトで見ることができます。

http://www.lytro.com/picture_gallery

サンプルの写真がたくさんあるので好きな写真を選んだら写真内のどこかをクリックするだけでピンがその場所に移り、これまでピンがあっていたところがボケ出します。すごいな、これ。

で、カメラとして発売するようなんですが、まだ値段が決まっていないようです。

とりあえず何か決まったらメールでお知らせしてくれるようなのでメールアドレスを登録して帰ってきました。

でも、この技術を搭載したカメラが市場に出てきたら競合他社はこぞって同じような機能載っけたやつ出してくるでしょうけど、そんな準備できているのかな。ま、最初は技術ライセンス取得して、なんでしょうけど。

楽しみだ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年6月23日 15:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Microsoft、「Windows Azure」の受信データ転送を無料に」です。

次のブログ記事は「次世代UIを盛り込んだスレートPC向けニュースリーダー「Mosaic by Tribune」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。