サイト内検索:

なぜ、Tカードは提示するだけで割引が受けられるのか

Tカードは、レンタルDVD最大手のTSUTAYAが発行するカードで、使うたびにポイントがたまるしくみだ。2010年10月末現在で、会員数は3624万人、月間利用件数1億5000万件は、他のポイント付きカードを圧倒しているという。このTカードと提携している企業は多く、ロッテリアやENEOS、ドトールコーヒー、ガスト、ファミリーマートなど、多様な業種から70社を超えている。

なぜ、Tカードは提示するだけで割引が受けられるのか

Tカードと提携する企業にとって最大のメリットは、顧客情報の共有である。

まあ、TSUTAYAが発行するカード、といってもそれはCCCが発行するカードなわけですからね。

Tカードをいつどのお店で使ったか、という情報がたまっていくわけですから例えば次のようなことが実現できるわけです。

ある日、TSUTAYAでDVDを借りたAさんが、ファミリーマートで買い物をし、ガストで食事をして、代金を支払う際に、ポイントをためるためにTカードを提示した。Aさんの買い物情報は提携企業の間で共有される。Aさんは、どんな映画が好きで、どんな飲み物、食べ物が好きで、どんな所に行っているかといったことが共有されるのだ。
別の日に買い物をしたAさんがTカードを提示すると、レシートと一緒に新商品の割引クーポンを渡された。Tカードと提携する企業の新商品で、いかにもAさん好みのものだった。そんな顧客サービスも当たり前のように行われるのだ。

こういうのを怖いと感じる人もいるでしょうね。

私もトラッキングされたくないお店ではTカードは使わないようにしています。今は扱いやめちゃったんですがブックオフだとTカード使わなかったなあ。

でも個人的には出せる情報は出しちゃっていいと思うんですよ。

Googleというかインターネットに関していけば、クラウドに全部情報預けちゃえばあとはよしなにこちら側にメリットがあるであろう情報をどんどん提示してくれるわけで、これは興味ないオファーをされるよりも全然いいんじゃないか、と考えています。

例えば、私はある日TSUTAYAを利用したら精算の時にレジの人から「こんなクーポンが出てきましたのでこれどうぞ」ということで牛角のクーポン券をもらいました。あれ、会員カードを通した時にその人に最適と思えるクーポンがあればそれを出しているんですね。

ちなみにあなたが20代の女性で週末にラブロマンスのDVDを借りたりすると、CCC的には「過去3ヶ月で恋愛もののDVDを借りた20代の女性」をターゲットにした時のターゲットにされちゃう場合があるわけです。で、そういう人をターゲットにしたい別の企業相手に商売をするわけです。

リンク先記事ではPOSシステムと比較してTカードの強みなどを説明していますので、そちらも興味があればどうぞ。

あとすごい古い記事ですが、この記事も面白いです。さすがに10年経っているので今はもっとすごいことになっているわけで。

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社/三宅恭弘氏
すべての処理をIP化し、コンテンツ情報の全社共有を実現

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年6月15日 19:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Tumblr、ついにWordPress.com越えを果たす」です。

次のブログ記事は「6月16日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。