サイト内検索:

7月9日のラッキーさん

BlogPeopleランダムピックアップ、今日のラッキーさんは「*Pure Rose Perfume*」さんです。

主婦・プリザーブドフラワー教室と40代主婦の生活や出来事を素直な気持ちで綴っていきたいと思っています。

というブログさんです。

お母さんですが、上の女のお子さんはすでに27歳ということで若くして結婚されたんですね。

で、プリザーブドフラワー教室をやられているとのことなんですが、そのプリザーブドフラワーというのが私はよくわかりません。

そんなわけで調べてみました。

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワー (preserved flower) とは、美しい姿で長時間保存することが出来るように専用の溶液を用いて加工された花のことである。「プリザーブ」 (preserve) とは英語で「保存する」の意味。同様の処理を果実に対して行ったプリザーブドフルーツも存在する。

なるほど。

歴史的にはこんな感じ。

プリザーブドフラワーは、1991年にフランスのヴェルモント社が開発し、クリスチャン・トルチュやケネス・ターナーなどフラワーデザイナーが相次いで作品に取り入れたことにより日本を含む世界に広まった。

1991年ってことはまだ始まったばかりなんですね。

で、その特徴はといえば、

枯れない、生花に比べて軽いなどの点が注目され、ウェディングブーケやテーブルフラワーなどとして利用されている。日本でも女性を中心に一定の人気があり、数多くの教室が開かれていたり、専門店も登場している。特に、日本では薔薇のプリザーブドフラワーが、需要の9割以上を占め、薔薇の世界的産地の南米エクアドルやコロンビア産の薔薇を使うことが主流となっている。

なーるほど。多分今日のラッキーさんもバラのプリザーブドフラワーをやられているんでしょうね。ブログ名とここで結びついた気がします。

ということで、ブログではプリザーブドフラワーについてたくさん書かれているのかな、と思ったらそういうわけではなく、庭のお花や野菜について写真を撮ったりテキスト書いたり、といった感じになっております。

とはいえ、やはりちょくちょくプリザーブドフラワーの話は出てきますので、趣味でプリザーブドフラワーを勉強してみたいな、なんて人は是非今日のラッキーさんのブログにアクセスしてみてください。

そんな感じのラッキーさんでした。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年7月 9日 14:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オール、ドロイド君がモチーフのmicroSDカードリーダーなど発売」です。

次のブログ記事は「今日のワイン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。