サイト内検索:

Office XP、Windows Vista SP1などのサポート期間が今日7月13日で終了

Office XPやWindows Vista Servive Pack 1(SP1)など、複数のマイクロソフト製品のサポート期間が7月13日に終了した。今後、該当製品にはセキュリティ更新プログラム(修正パッチ)が提供されなくなるため、マイクロソフトでは最新のサービスパックの適用や後継製品への移行を呼びかけている。

Office XP、Windows Vista SP1などのサポート期間が今日7月13日で終了

Office XPっていわゆるOffice 2003のことなのかな?

日本時間7月13日にサポート期間が終了となったのは、Windows Vista SP1、Windows Server 2008、Office XP、.NET Framework 3.0/3.0SP1/3.0SP2/3.5、Exchange Server 2007 SP2の各製品。

とはいっても、例えばVistaはSP2に、Windows Server 2008もSP2になっていればサポートされるようです。

これらの製品のうち、Office XPはサービスパック(SP)なども含めて完全にサポート期間が終了となり、今後は脆弱性が発見されても修正パッチの提供は原則として行われない。このため、ユーザーに対しては後継製品(Office 2010/2007)への移行が推奨されている。

今だにOffice XPを使っているユーザは多いかと思われるんですが、WORDとかExcelはいいとしてウィルスの入り口であるメールを扱うOutlookが古いまま、というのはやばいかもしれないですね。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年7月14日 13:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「JINS、PCユーザーの疲れ目を軽減するメガネ新シリーズ」です。

次のブログ記事は「立命館大が約4500台のシンクライアント環境を構築、大学では最大規模」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。