サイト内検索:

OS X LionのナチュラルスクロールはポストFacebook時代への布石

OS X Lionのトラックパッドを使ったウィンドウ内のスクロールはこれまでのものと全く反対、ってことでそれがいろいろ議論を呼んでいるわけですが、その件をとりあげつつ、ポストFacebookの世界、について書いている部分が非常に興味深かったので引用してみます。

【コラム】シリコンバレー101 (423) OS X LionのナチュラルスクロールはポストFacebook時代への布石 | ネット | マイコミジャーナル

Bob Cringely氏がI, Cringelyで「Facebookの下降と終焉」と題して、Facebookの時代は10年と続かないと予言している。おそらく7年程度で2014年頃には終わると見ている。なぜ、そんなに短いのかは原文を読んでいただくとして、ここで紹介したいのはポストFacebookについての記述。

Facebookが2014年ぐらいにオワコンになる、ってのも面白い話ですが、そのポストFacebookについての記述というのは、

「私が興味を持っているのは、何がFacebookに続くかだ。われわれ全員が個人データを取り戻すことで仲介機能が排除されるに違いないと私は想像している。ひょっとしたらRoger (McNamee)が愛してやまないHTML5がきっかけになるかもしれない。"コンピュータがコンピュータ"の時代から"ネットワークがコンピュータ"を経て、次のトレンドははっきりしている。"データがコンピュータ"だ」

Sunが登場した時に「The Network is "the" Computer」(ネットワークがコンピュータ)というスローガンを掲げていたのですが、これを1986年ぐらいに見た時はその意味がまったく理解できませんでしたが、いろいろな役割を担うサーバーがいろいろネットワーク上に配置され自分の端末から必要に応じて適宜サーバーにアクセスするような環境ができあがり、その中で仕事するようになって初めてこの意味がわかりました。その後これはインターネットへと拡張されるわけです。

あ、ちなみに昔CISCOが登場した時にジョン・チェンバースが「CISCOはネットワークをネットワークする会社だ」と言ったのですが、これも最初聞いた時は何がなんだかわかりませんでしたw

で、話を「データがコンピュータ」に戻すと、

Facebookに自分の人間関係やアクティビティを反映させることで、ニュースや写真、コミュニケーションなど様々なデータを効率的に受け取れる。しかし、それはFacebookという枠の中に限られる。われわれが楽しみたいのはFacebookではなく、その先にあるデータである。

なるほど。ただ、じゃあ具体的に「データがコンピュータ」ってどうなるの?というと、

少々誤解を招く喩えになるが、YouTubeで配信されている番組コンテンツをタブレットやTVのフルスクリーンで再生すると「番組を見ている」という感覚なのに、パソコンのWebブラウザの標準インタフェースで見ると「YouTubeを楽しんでいる」という感じになる。YouTubeのコメントや「評価する」ボタン、関連動画などはソーシャル機能として同サービスに欠かせないものだが、それらの中で小さくコンテンツが再生されるとコンテンツを楽しむ感覚が薄れてしまう。「コンテンツを見る」と「YouTubeを楽しむ」のどちらがユーザーやコンテンツ提供者にとって重要かは明白だ。

この「コンテンツを見る」と「YouTubeを楽しむ」の微妙な感覚の違いをはっきりとした違いに感じさせる何か、がなんのかは今はわからないのですが、将来登場するものはきっとそのあたりを押させているものなのでしょう。

それをWeb3.0って呼ぶか、って言ったらきっと呼ばないような気がするけどw

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年7月27日 18:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「映画の電子前売券を購入、座席も指定できるサイト「ムビチケ」」です。

次のブログ記事は「7月28日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。