サイト内検索:

Google、"パンダ"アルゴリズム強化でユーザーに協力を呼び掛け

米Googleは8月26日(現地時間)、検索結果向上目的のアルゴリズム変更(Googleは"Panda"アップデートと呼んでいる)への協力をユーザーに呼び掛けた。

Google、"パンダ"アルゴリズム強化でユーザーに協力を呼び掛け

Googleで検索した結果の上位にSEO目的の粗悪なスパムページが表示された場合、それをGoogleに報告してほしいという。

スパムサイトというのは、

Googleは、他のWebサイトの内容をコピー&ペーストしただけのサイトを「scraper site」と呼び、こうしたサイトを報告するためのGoogle Docsのフォーマットを用意した。

いわゆるコピペサイトとかキーワードだけを埋め込んだサイトですね。

で、報告用のGoogle Docsフォーマーっとを使って連絡するわけですが、

ユーザーは、このフォーマットに、検索ワード、検索結果で表示されたscraper siteのURL、流用されたオリジナルテキストを含むURLを入力して「送信」ボタンをクリックすることで報告する。Googleはこうして収集したデータを、検索アルゴリズムのテストと強化に利用する。

その報告をするためのGoogle DocsのURLはこちらです。

Google Docs

このGoogle Docsのサンプルを見ると「検索語」「スパムサイトのURL」「オリジナルのサイトのURL」を入力する必要があるらしいので、気軽に他人が報告できるというわけではないようですが、侵害された人がそれをGoogleに伝える方法が提示されたというのはいいことですね。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年8月29日 17:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「品川駅前にゆる~いスポット「釣り堀」誕生」です。

次のブログ記事は「バンダイから透明なボールを宙に浮かせる「FUSHIGIフシギ」発売」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。