サイト内検索:

2011年の「Web人」8名が受賞、「第9回Webクリエーション・アウォード」

社団法人日本アドバタイザーズ協会のWeb広告研究会が14日、「第9回Webクリエーション・アウォード」の贈賞式を東京都内で開催した。今年の「Web人大賞」は、パナソニック株式会社の山本雅通氏に贈られた。山本氏は、同社が運営する会員制サイト「CLUB Panasonic」の担当責任者。

2011年の「Web人」8名が受賞、坂本龍一Ustream中継チームのメンバーも

受賞された方々は皆素晴らしいのですが、個人的には株式会社インフォバーンの小林弘人氏が「Web人貢献賞」を受賞したのが嬉しいですね。受賞理由が、

小林氏は、書籍「SHARE」の監修者として、日本ではまだなじみのない"シェアビジネス"を紹介した功績などによる。

とされているのですが、それだけじゃないですからね。

でもまあ、彼としては日本のWebに貢献しようと思って本の監修やったりWebサービスのプロデュースをやっているわけじゃなく、その時その時におもしろいことを単にやっているだけなわけですが、そういう積み重ねが知らず知らずのうちに社会に貢献していっているわけなので、まあ結局「継続は力」ってことなんでしょうね。

で、こんな記述もありました。

ウェブというメディアが社会全体に影響を及ぼすようになるとともに、社会全体もウェブの活動と一体化してきていると言えるとし、「単なる企業の広報活動やマーケティング活動ということではなく、社会の中におけるウェブのあり方も考えていかなければならない」とした。

うーん、今時社会の中におけるウェブのあり方を考えていない人っているんだろうか、って思ったんですが、こんなコメントが出るぐらいですからそう思っていない人もたくさんいる、ってのが現状なんでしょうね。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年9月15日 15:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フェンリル、Android向けブラウザー「Sleipnir Mobile」正式版を公開」です。

次のブログ記事は「Fujisan.co.jpの取り扱い電子雑誌が1万号突破 一番売れたのは?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。