サイト内検索:

「ニンテンドー3DS」値下げ効果、早くも失速

任天堂がピンチに立たされている。業績不振を払拭するため、8月11日に1万円の大幅値下げに踏み切った携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」だが、値下げからわずか1カ月足らずで、売り上げにかげりが見え始めた。

「ニンテンドー3DS」値下げ効果、早くも失速

ハードが値下げされても結局やりたい3DS用ゲームが少なくってどうしようもない、ってことのようです。

ゼルダやればいいのに(><)

ゲーム雑誌出版のエンターブレイン(東京都千代田区)によると、3DSが値下げされた直後の8月第2週(8~14日)の国内販売台数は約21万5千台に達した。2月26日の発売初週(約37万1千台)に次ぐ水準で、値下げ前の買い控えがあった8月第1週(1~7日)に比べ約58倍と大幅に増加した。値下げのインパクトが販売台数を大きく押し上げた形だ。
しかし、その効果は長続きしなかった。値下げの翌週(8月15~21日)には約10万7千台と早くも半減。8月第5週(8月29~9月4日)には約5万5千台と、値下げした週(8月8~14日)に比べ、約4分の1に落ち込んだ。値下げからほぼ1カ月で、その効果は吹き飛んだ格好だ。

21万5千→10万7千台→5万5千台と1週間ごとに半分になっていくとは・・・。ほんとにダメですね。

とりあえず11月〜12月にはマリオ系のタイトルが出るそうなんですが、この調子だと今年度の販売台数はいったい何台になるんでしょうかね。

多分ゼルダで売れると思ったんでしょうねえ。新作だったら絶対3DSの牽引となったはずですが、リメイク、というのがやっぱりインパクトなかったんでしょうね。

さて、ここで一言。

もっと安くならないかな。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年9月12日 20:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1枚8GBのDDR3メモリ登場、Sandy Bridgeマザーなどで利用可能 SO-DIMMも」です。

次のブログ記事は「Microsoft、複数PCでマウス・キーボードをLAN共有する「Mouse Without Borders」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。